http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html



加齢 そして骨格


突然ですが、

「つのだ☆ひろ」

さんの事が突然気になって気になってしまい、

理由は至極簡単で日本で唯一名前に「☆」が入る芸能人として、過去も現世も して恐らく未来永久唯一無二な存在として誰にも真似出来ない地位を築き上げた彼、

そんな「つのだ氏(職業ミュージシャン)」なのですが、

なんとなく昔の写真が見たくなり、なんとなくgoogleで検索かけてみたンですが、わりあいあっけなく20年前の写真を発掘!


↓こんな感じから、

(ワリとカッコいい)





↓こんな感じへ。

(巨大化)


この20年間一体何があったんでしょう・・



確実に巨大化しているズガイ骨。もちろん髪型のせいもあるのかもしれませんが、それを超越した何かが働いてる事も事実。一体何が起きたんだ?


【それはいいとして冷静にオヤジの頭が大きい理由を考えてみた】

申し訳ありません。めぼしい原因等は特定出来ませんでした。


・髪が減るから。




・肌がタルむから。
(サチヨさん)

サチヨさんは顔面削っても頭そのものがデカそうだ!

そう考えると全く二次的な要素ではなく頭蓋骨そのものが肥大化してるよーに思える!つまり骨そのものが巨大化してるよーな気がする!!! こえー!!

そこでボクはとにかく真剣におっさん達の頭蓋骨を熱い視線で見つめてみる事にした!!!


昔の自分は年上の人は"おっさん"という非常に雑把なひとくくりで全員同じだと思っていたのだが自分がオッサンになった今 40代と50代、そして30代ぐらいの区別はつくよーになった。結果分かった事として 本格的に頭がでかくなるのは50代に入ってからのよーだ。50代に近い年齢で頭が小さい人を捜すのは非常に困難だったのだ。もちろん40代から既に頭蓋骨の巨大化は始まっているのだろーが、50代アタリから相当顕著なモノになってくる様子。そう考えるとスティーブンタイラー(エアロスミス)は50代であの頭蓋骨なのだから、相当尊敬に値するモノがある。ロックイズ ネバー ダイだ!



そしてもしかしたら実は若い人も十分頭の大きい人はいるのだが、それが目立たないだけとかそういう事はないだろうか?

そんな仮説を立ててみたのだが、そんな事はない。やっぱりオヤジはアタマがデカイ。

結論として、「若い人の頭が大きい人の割合」(グラフ)に対して、オヤジ達のは(グラフ)ぐらいだ!



やっぱデケェよ!


ボクも肥大化するのだろうか?
みんな肥大化するのだろーか?

阻止策は?回避策は?

そーいえば「つのだ☆ひろ」氏の間の「☆」は"ミドルネーム"という事でいいのだろーか?



(2002/12/04)

そのA

追跡!つのだ☆ひろー!!

ボクの推論は一気に弾け飛ぶ!!! ワリィ!一気にカタつけてやるぜ!!!!!


【スンゲェ自信のある推測】

本名が実は「つのだ よしひろ」



・・そこから派生して、よしひろ、よしひろ、よしひろ、ほしひろ


ほし・・





え、

「☆(ほし)」??






・・となり「☆を入れるという発想」が生まれそこからつのだ☆ひろが生まれたのではなかろーか?至極自然だ!いやー当てちゃってゴメン!!!

つまり「つのだ☆ひろ」を見た時「つのだひろ」と読んでるヤツが低脳チンパ野郎なだけであって、ホントのつのだ通には「つのだほしひろ」と読ませたい筈だ!!!!


もしくは本名「つのだ ひろよし」!!!!!!


ひろよし、ひろよし、ひろよし、ひろほし?


そこで「つのだ ひろ☆!」が誕生したのだが、


「うーんどうせなら☆は真ん中につけようか」(←つのだ氏)

となり「つのだ☆ひろ」が誕生したという寸法!!!!!


クハー!完璧かもしれない推測!!!!!!


【正解】

つのだ☆ひろ (つのだ・ひろ) ⇒ 角田博民 (つのだ・ひろたみ)

・・が本名だそうです。

(参照:http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data01/honmyo-33.htm)



なんだつまんねー。


(2002/12/04)

こんなモノ見つけました

つのだ☆ひろを追っていたら何故か「鈴木ヒロミツ」を思い出してしまった。自分でも原因不明 だが更に情報収集していたらこんなものを見つけました。




















オマエが違うだろ実際!!

(2002/12/04)

更にこんなモン見つけました。

キレイだ・・







(2002/12/04)

そして現在。







微妙だ・・

(2002/12/04)

→次の話!

TOP

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html