http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html


第四部:破壊、そして創造。
今回特別編集編。下に行くほど古くなってます。


入院14日目
例のダメ係長中村さんがナニヤラ電話で別の知り合いにミカンを持ってくるように頼んでました。





断られてました。



今日、初めての雪が降りました。



(2001/01/12)

入院15日目、午後
@今日別の病院から転院してきた方がいました。「ベッドが北向きだから」という転院の理由。(本気だそうです。)
A中野駅周辺を散歩してたらモヒカンの「残りの部分」を電気シェーバーで剃りながら歩いてる人がいました。

【捕捉説明】
後日再度中野駅で電車待ってたら(退院後)当たり前のように中年が電気シェーバーでヒゲ剃ってました。中野区では常識なのでしょうか?(ちなみに自分は杉並区在住です。)


(2001/01/13)

ぼくは今だに、
脈取ってもらう時 ドキドキします。

(2001/01/13)

検温の時、
「お熱はかりますねー、ハイッ!」って言われて、

「どれどれ?」
って言われて オデコとオデコを「ぴたっ」っとされて計られちゃったら照れるぜ、グへっと妄想しながら検温。

(2001/01/13)

ちなみに下半身は自分で拭きました。

「よしまさくーん、体拭くよー。」

うーん、頼めば体ぐらいは拭いてくれるみたいでした。うーんサッサと気づけばよかった。


で、ヘルパーのオバちゃんの前で上半身ハダカになるオレ。

「アラヤダ 押し倒しちゃおうかしら(笑) 」

の如くのオバギャQ(オバさんのギャグの略。今年ブレイクします。)炸裂させながらも「あぁ・・やはり無条件に気持ちヒィ・・」と大袈裟に感激にむせびながら、やはり清潔が一番。

「はい、後(=下)は自分でやってねー」と言われた直後、「よしまささーん、体拭きますー?」とアコガレ天使佐藤さんが蒸しタオルを手にしてそこに!!!!

ヌパー!!タイミング最悪!!!!






その後佐藤さんは「あっ、もう拭いてもらったんですね。」と淋しそうな横顔 (って事にしておく)

佐藤さんの目には大粒の涙。(ってことにしとく。)






ラブラブ佐藤 今日のトータルミーティングタイム:14秒


おーい、佐藤さぁーん!!下半身はまだ残ってますよー!!!




(2001/01/14)

ダメ係長中村:そのB
前のベッドの患者(ダメ係長中村)の独り言が思った以上にウザい。

ほぼエンドレス。それも日中連続で。

「こ・れ・だ・よ。 こーきたよ実際。うへへへへへ・・」とか「そうだよね。そぉ〜なんだよね〜うんうん。」「やるきぃ〜、やるきぃ〜、やりますきぃ〜〜」とかとにかくひたすら続きます。

この釣りバカ日誌的空間にどーも絶えられないというか。

・雑誌とかを読んでるワケではありません。彼のベッドの傍にある雑誌は「パーゴルフ」だけです。
・テレビを見てるワケではありません。

かなりウザいんで、今日から彼は万年ヒラ社員に格下げする事にしました。

-----

どうやら、保険屋に電話する 必ず練習するという「傾向」があるようです。「人をバカにすんのも、あー、いいかげんにして下さい!!」「アンタには良心ってモンがないのか!このコンコンチキ!!」とかワリと迫真です。

実際電話したらメタメタに言いくるめられてました。


中村さんはレオナルド熊に似てます。


(2001/01/15)

いろんなひとがいます。
「住所は上野公園」とおっしゃる方が入ってきました。保険証を持ってないそうで、係りの人にそのへん詳しく聞かれていたのが耳に入ってしまったんですが。
ワリと神経質で、他人の物音には非常に厳しい。昼間「手元もおぼつかないような老人」に「ラジオを聞く時はイヤホン着用だっ!!」っと無理に着用を強要してました。(別にその老人のラジオは気になるほどの音量ではありません。)そんな本人は大声で「風俗自慢」するような、まぁちょっとした「人間のクズ」なんですが。声でけーし。

説教くさい。

他人に文句言う時は必ず「一般常識的に考え・・」から始まる。

「一般常識的に考えて、ラジオイヤホン無しで聞くのは非常識なんだよ、実際!!」のように、その老人に指摘してた時もクドクドとにかく説教くさい。老人にすら説教。


「会社の重役だ。」

とおっしゃる彼。(年の頃54歳。坊主頭。)

「全財産入ったベビーカーを盗まれた」

どんな重役じゃい?



運の悪い事にヒラ社員中村と相当意気投合してしまいました。より一層釣りバカ日誌的空間が病室全体に行き渡ってしまいました。ダメ同士 波長が合うのでしょうか?

1週間後 病室からトンズラしてました。


一般常識的に考えトンズラは非常識だと思います。


(2001/01/16)

第5部へ続く

TOP

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html