http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html


第二部:見舞い、見舞い、見舞い
今回特別編集編。下に行くほど古くなってます。


正月。
正月だろうがなんだろうがそんな事は知りません。一応朝食は雑煮でしたが、そんな気遣いが余計に悲しさをそそります。もっともどうやら看護婦の方々は意図的に「明けましておめでとう」の言葉を使わずに通常通りにしているのだと思われますが。

正月です。忠志が見舞いに来ました。忠志とはボクの兄の事です。

「わっはっはっ幸司元気かー!!」

のっけからボクの置かれている状況を全く無視するような発言から始まり、山のような「チョコ」。 そーだ「何欲しい?」って聞かれて「チョコ」って答えたんだけど アンタ、買い過ぎだろそりゃ?

けどけどありがとありがとにーちゃん。


そして娘モモ 1歳。

なななんか見下したような目でオレをみてないか?

素直に兄に尋ねる自分。

「モモに見下されたような目をされてるような気がするのですが?」

「それは気のせいだ。」

と、兄。

1歳程度じゃそのような高度な感情は持ってないそうだ。

1歳の頃の記憶は誰も持ってないのにナンでそんな事わかるんだろう?と素朴な疑問を感じながら、

「かわいいだろ?かわいいだろ?」

と強烈な同意を求める忠志。

反論の余地無し。


続いて 兄、モモをわざわざ部屋のすみーっこの 遠いところに置きざりにし、「泣き出すまで放置」という不思議な遊びを始める。

奥さん制止。(そりゃそうだ)

ヤツにとっては娘とのコミュニケーションのつもりだそうだが、あぁ思い出す。幼きころ自分が兄のオモチャとして散々いぢくりまわされた事を!

ボクは忠志に寝てる間に肛門に「ヤマト糊」を注入された事があります。彼は何を目的にそんな事したんだかは不明ですが、とにかく楽しそうでした。子供じゃなければ犯罪です。

あれから数十年。ヤツはぜんぜん変わってません。


ちなみにモモの口はダースベーダーに似てます。

なにはともあれ「正月」でした。

(2001/01/01)

知雄登場。

「幸司、父さんだ。」

有無を言わさぬその口調。父 知雄登場。

オヤジは電話だと非常に不思議な話し方をする。

「あ"〜 まずタオルだっ!タオル!タオル!!病院だとタオルだ!! そして下着!!病院だと無い筈だ。
そして歯ブラシ!!ヒゲ剃りは電気シェーバーの方がいいだろ?!?!そして靴下ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



・・そんなそんな等々相変わらず「全てを決め付けたような口調」で話すヤツなんですが、正直友達がほとんど用意してくれたから全くもって不要なんですよ 申し訳ないけど。


その旨伝える自分。微妙に落胆する父 知雄。




「ところで幸司、、、 『上着』、、・・はあるの?」

「・・いちおうあるけど。」


「ユニクロのね、フリースがあるんだけど、ユニクロのね、あったかいやつ、ユニクロのね、ユニクロ。」


「いや、オレ自宅からいつも着てる上着持ってるから別にいら・・」


「だからユニクロだよユニクロ!!ユニクロ!ユニクロ!!」



不思議な "押し" を展開する父 知雄。

ちなみに断りました。だって上着あるし。

微妙に落胆する父 知雄。

うーん、もらっとけばよかったかなと後悔しつつも

「ホントにいいのか?ユニクロだぞ???」


父さん!!何を入れ知恵されたんですか 一体???


(2001/01/02)

タカハシタケシ見舞い。
彼女STSと車で登場した彼。ちなみに「STS」とは彼の彼女の名前、「斎藤さん」に由来。(さい・とう・さん)
ちなみにウチの職場では「庄治さん」という方がいたのですが(女性)つけた名前は「SJ−V」でした。ちなみに読み方は「SJ(ハイフン)スリー」。

「肝臓」というアダナの人もいました。臓器の名前で呼ばれるのもある意味貴重な経験だと思います。


で、車で登場した彼。早速車で公園へ。

おー!!ここは骨折する直前、みんなで夜中にサッカーした場所ではないか!!


そこは学校と公園が一つになったようなところで、


「コーナーキックがしたい」

みたいな理由だったよな気がするが、とにかく微妙にサッカーブーム。その日も夜中に「無意味にダイブ」、「無意味にスライディング」、「掛け声だけの三角蹴り」と「出来もしないスカイラブハリケーン」。 → その後コーナーポストを利用しての懸垂大会へ。


いい年した大人の仕業とは思えません。



うーん四日ぐらいしかたってないのに物凄く昔に感じる。



スルメいただきました。(好物)

(2001/01/03)

一月三日 夜
近所に住んでるヤマザキくんがマラソン中見舞いに来てくれる。

(2001/01/03)

コモリミキ、ノムラナオ嬢登場。

おうっふ!スルメを大量に!!

「食いたいもんなに?」って聞かれたんでスルメって答えたらおーうスッカリスルメ三昧!!

至福のひととき。


で、公園に行きワンカップ片手にノムラナオ嬢が持って来てくれた弁当をみんなで食う。ノムラ嬢料理上手すぎ。




公園の池の水が無い??何故??

「O157の発生に伴い 池の水を抜きました。」

・・って、おーい待ってくれ!ここには公園の水飲む浮浪者でもいるってのかヨ!!そんなワケねーじゃん!死ね!クソ!!ボケェ!!!!と感情の発露に身をゆだねながらも、

「あ、水遊びをする子供がいるからか。」

二分で解決してみたり。

けど冬か?

コモリ嬢から、「不思議な物語(SMAP編)」の説明を受ける。ヤツの説明は実際に見るよりオモロイのではないかと思う。

何はともあれ 楽しいひとときでした。

(2001/01/04)

中村ゲン(本名)+ イトウケイコ(24歳)- 見舞い。

わーい、ガンビーだ!!


ガンビー人形買って来てくれました。


とりあえず「三点倒立」させてみました。上手く行きませんでした。


「入院してるとぐにゅぐにゅしたくなるんじゃないかなーと思って」というのが選択の理由だそうです。老人のうんこの話に感動してました。

(2001/01/05)

外出する時は届け出が必要なのです。
カラテの仲間が見舞いに来たので、ウラの駐車場で座ってタバコ吸ってたら看護婦に見つかる。よりによって「婦長」。(相当怒られた)

松村君、守屋くん、みかんありがとう!!

---
正月休みだって事でみんながみんな見舞いに来てくれたおかげでむしろ楽しい正月でした。入院楽勝じゃん と思ったのも束の間、よいよ本格的な入院生活がスタートしたのでした。

(2001/01/05)

第三部へ続く

TOP

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html