TOPに戻る
http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと 【2009/12/06】
ミルクな季節ですね。
ハアイ!クリマブ(←クリスマスイブの略)いかがお過ごしッスか! この時期になると
いつもテンションをどの位置に保っていいか、ヒジョーに悩む自分なのですが、 今日も張り切って行きます!!! HHC&にちじょうです!

今回のコンセプトは↓コレです!

乳を調達せよ!!!!!

尚、今回の更新、クリスマスは一切関係ありません!

◆とにかく切りつめろ!!!!
やるなら徹底なんですよ。
まず、今年後半になって、給料が三万減らされた という事を報告しておきます。(会社中一律カット。仕事が増えて給料が減った)今年はワリと最悪な一年だったように思います。思い出したくもありません。

ま、そーなると当然、「出費を減らせ!!!」みたいな考えが出てくるんですよ。

そんな時思ったのが、日々の飲み物。そもそもワシって、「めんどくさい」って理由で、長らく 自販機で買った飲み物 を飲んでたんですよね。

でもってだいたい一日2本(一本はペットボトル、もう一本はふつうのカン)
150+120×20(20はひとつきの平均勤務日数)と考えると、
ひと月合計5400円という計算になります。

高くね?意外と????

5400円ゆーたら、今回減らされた給料分の1/6なんスよ! この無駄はバカにならん!ちゃんと計算はしてないが、もしこの分を自分で煎れるようにすれば、パックのお茶代程度だったら、恐らく1000円もいかないハズ!!!

そこで早速「ティーバッグのお茶」みたいのを買ってきて、(ちなみに自分な日本茶派です)自分で煎れてみたですが、
これが実にマズイ。

ほんっっとにマズイ!!!! どんながんばってもマズイ!!!!

つかコレ、ホントにマズイんすよ!!!!! 「抹茶入り」とか「まるで急須で煎れたおいしさ」みたいに書いてあるんですが、コレを美味いと思って販売にGO!を出したヤツは脳みそ腐ってんじゃねーか!?!? と思いたくなる程(←すんません!やや言い過ぎてます!)相当に卓越したマズさ!!!

ただ、買っちゃったんだ!もう買っちゃったんだ!

20袋分も残ってるんですよ!!! 貧乏性だから捨てるのも心苦しいんだよ!なんとかしなきゃならんのだよ!

後戻り出来ないんです!前に進むしか無いんです!!!


◆気分はアメリカに飛ぶ。
そこで僕の発想は海外へ飛んだ。お茶の世界事情。

ニューヨーカーは緑茶に砂糖とミルク入れて飲んでました。

僕はその事を思い出した。

前テレビで、最近緑茶が人気!みたいな話をやってたんですよ。緑茶はあらゆるお茶の中で、唯一ビタミンCが含まれてるお茶だ って事で、健康志向のヌーヨーカーにあんがい人気らしく。


偉くなったモンです、日本茶も。


砂糖とミルクを入れたら、ずいぶん味はごまかせる。

家で試作(プロトタイプ)をやってみたら、あんがい悪くない。

しかも砂糖とミルクを入れるだけでニューヨーク気分がすんごく満喫出来るじゃないか!!!

これは素敵だ!!!!


が!ここで問題が↓いくつか勃発するのですよ。大変細かく分かりにくい話 ですが、おつきあいください。


砂糖とミルクをどうするんだ?? って点です。


◆職場、それは限られた空間。
まずは僕の職場の状況を説明します。

座席があります。←そして "私物は座席以外に置くな" という社内ルールがあります。

そしてお湯は給湯室で調達してきます。座席近辺にはポットはありません。


ここで問題になるのは、砂糖とミルクの置き場です。


そもそも給湯室には何も置けません。私物厳禁です。

「私物は警告無しに撤去すっから覚悟しとけよボケ!!!」みたく、本気でデカデカと威圧的に警告されております。

そーなると、自分の座席に置く以外になくなってくる んですが、座席はすげー狭いですよ!
僕の机も資料山積。仕事以外のモノを置く場所なんて限られてるんです!!!!

お茶パックを置く場所程度なら、確保は可能。

ただ、それ以外のものを置くとなると、チョイとしんどい。


特に問題なのが、ミルク。


砂糖に関してはスティックシュガーでしのげる。←スティックシュガーは場所をあんまり取らない。これはOK。


ただ、問題なのはミルク。


そもそもミルクの場合、選択肢は二つあると思います。

(1)あのパキョッと開けるプラスチックの小さい容器の中に入っている生のミルク(←すんません、名前知りません)を使う方法

(2)粉のミルク(「クリープ」)とかを使う方法


(1)に関しては、正直厳しい。保管には 『冷蔵庫』 が必須。
給湯室には 『冷蔵庫』 はあるが、前述した通り私物はそこに置けない。


そーなると、「クリープ」になるかもしれんが、ビンがかなり邪魔。 かなりがさばる。もちろん小さいビンもあるんだろーけど、それでもけっこう鬱陶しい。

しかもクリープを使うとなると、「スプーン」 とかも必要になってくるじゃないか!!! もちろんスプーンを使わないで、入れる方法もあるにはあるんだけど、(ビンの口部分の紙を全部破らないで、ちょっとだけ開け、ビンを揺らしながら入れるとか)その方法では、ちゃんとした分量を入れられるとは限らない。
たまにゴブッと大量に出ちゃったりするじゃないッスか!!!

↑僕の美学から反する。

そうなるとやっぱり "スプーンを使うべき" って話になると思うけど、洗ったりするのが、あんがい面倒。 しかもスプーンとか置けるような場所ないし。 毎日家に持ち帰って洗うなんて、もっと嫌。

「じゃ、砂糖だけにすればいーじゃん?」となるかもしれんのですが、砂糖だけではあのお茶のまずさはごまかせなかったんですよ!!! ミルク的なものがどうしても必須だったんですよ!!!!


というか、根本的にもっと別の方法は無いのか???


条件をおさらいすると、以下のとーりです。

<条件>
・場所を取らない。
・保管が容易い。
・しかも手間がかからない。


もっと別にこれら諸問題を一気に根底から覆す、カウンター的根本解決案は無いのか?



と思い、必死に考えた結果、あったんです!!! 完璧な方法が!!!!

練乳です!!!!!!!!

練乳です!!! コンデンスミルクです!!!!



完璧だ!!!! 我ながら完璧だ!!!!

これなら、このチューブひとつで、砂糖とミルクの両方を供給する事が可能 じゃないか!!!
しかも練乳って常温保存可能なんです。

すげぇ!まるで夢のようだ!!!!


そうなると「引き出し」の中に入れといてOK!!! しかもチューブからブニューっと出せばいいだけなので、スプーンも不要!!!! まるでオレに使われることを長年待ち続けていたよーな存在 じゃないか!!!!

なかなか素敵且つ、エレガントな着目。ちょっと惚れましたオレに。


というワケで、まぁ問題になるのは、緑茶に練乳入れて美味いのか?という疑問もありましたが、やってみたら、ふつうにうンまい です。


抹茶ラテを飲んでるよーな気分です!


ヌーヨーク気分です。ここは西新宿ですが。


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと 【2009/10/24】
更新してないからって遊んでるワケじゃないっす。
というワケでお久しぶりです。HHC@日常ッス!かなりご無沙汰っす!

<近況報告>
突然ですが、 「小説化プロジェクト」というのをやっております。←これは断じて "小説家" プロジェクトではなく、"小説化" プロジェクトって意味。

昔から書いていたブログ的文章を一歩ヒネって、小説風味なモノを作れないかなぁという、いわば実験 のようなもの。

とはいえ、あんま長々としたのは書くのが苦手なので、短編ばっかりなのですが、とりあえずそれらをまとめたひとつのコーナーを作りました。

ちなみにこないだ 「バー村上」 という作品(?)を作ったのですが、徹夜明けの翌日、死ぬ程眠いのに何故か書き始めてしまった時のものなので、恐らく、「微妙に意味わからん…」という感想を抱かれるかもしれませんが、ご安心ください、書いてる本人も意味分かってないですからw

まぁそんな感じでHHC&日常、新基軸、「Nitijyo Novels」です!よろしく!

Nitijyo Novels (←クリックするとページが表示されます)




http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと 【2009/12/06】
ごめんなさい小説コーナーへの追加のお知らせです。

ほんますんません、暇つぶし且つ、かなーり適当に書いたもの なので、(構想場所:風呂場。しかも書いてたら眠くなったので、途中で書く事を放棄!)
本来であれば公開するよーなモンではないのですが、特に最近書く事がない ので、掲載しちゃう事にしてしまいます!

↓小説ページを表示させ「New!!!」となってるところから表示させてください!
Nitijyo Novels (←クリックするとページが表示されます)

タイトルは「大橋巨泉の苦悩。」です。大橋巨泉を知らない人は本気で意味が分からないハズですのでご注意ください。

ちなみに今回も、 いさぎよく、オチは放棄しました。 ←偉そうに言う事じゃないんですが、とりあえずそんな感じです。オチ考えるの嫌いやねんオレw

そんなこんなでかなーり低温でやっておりますが、今年も残り僅か。とりあえずがんばってゆきましょーう!!!

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

TOPに戻る