TOPに戻る
http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと 【2007/06/03】
友達のタカハシくんが、 こどもが生まれたとゆー事で、
↓こういうのを作りました。(ちなみにおんなの子)
うーん、めでてぇ。
BabyBabyBaby
(↑クリックするとページが表示されます)


ちなみに誰も気づかんよーな気がするが、↑タイトルの「BabyBabyBaby」とはTLCの初期の曲のタイトルから取ってたり…

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと コトの発端はテレビ番組。 日本の時報、つまり「117」の声を担当してる人がテレビに出てたんですよね。←まぁその事自体はあまり重要じゃないのですが、その時自分は「日本以外にも当然時報はあるだろう」と思い、「それを聞いてみたいじゃないかー」と思い立ったワケです!そうだ世界の時報だ!!!! 世界の時報を聞いてみたいと!!!!

その時ゃーまだ、これから始まる苦労と苦悶の連続などにゃ全く想像すら広げてなかったのですが、きっと簡単だ!あんなもん適当に、その国の時報の番号調べて国際電話かけりゃいいだけじゃないか!!!と。そんな感じで何の見通しもなく始めてしまった自分のですが、
甘かった!!!!!!!!
ぜんぜん甘かった!!! 僕が当初平日の二時間程度で終わると思った調査はぜんぜん終わらず、結局最後ゴールにすら辿り着けずに終わってしまった屈辱!!! そうだ!今回は屈辱のレポートなのだ!!!!

◆さあ始めるぜ!!!!
まずは小手調べにアメリカ。
一番簡単だと思ったからだ。でもって、日本の時報はビジネスライクで無機質なのだが、アメリカの時報はもしかしたらあんがいファンキーでPOPでグルーヴィーなのではないか?と。「ヘイ!ファイブオクロック!イェーヤッ!」とか、「オーマイガッ!イレブンピーエムッ!!!!」みたいな感じで。アメリカの音楽番組のノリで。

しかもアメリカのような日本に身近な国ならば、あんがい調べるのも簡単なのではないか?と。似たような事やってる人、他にもいそうだし。 そんな感じでいつも通り検索を始めた自分なのですが、アーラ予想外、
誰もいません。 似たような事試したヤツがほとんどおらんのです!!!! 知らんかった!!!! これだけ日本人たくさんいる中で、アメリカに電話して時報聞こうとしたヤツって実はほとんどいなかったのか!!!!
そうなったら仕方ねぇという事で、ハラを決めて、英語のサイトで調査を開始する自分なのですが…



ワカランのですよ!!!! ぜんぜん分からないのです!!!! にも関わらず、英語、英語、英語・・。早くもホームシックにかかりそうになってきた・・。

とりあえずひとつ目として分かった事。

時報は「speaking clock」と言う。

ああ、小さい一歩・・。

そして更にキーワード「speaking clock 」で検索をかけてみるが、思いのほか、世界中にすら仲間がいない。 世界中探しても、わざわざ自分の国以外の国の時報を聞きたがるよーなヤツなんて、あまりいないという事だろうか…?

更に調べ続け、ようやく電話番号らしきものが出てきた。



おおお!!!「767-2676」か!!!!
とりあえず英語わからんから、番号の数字っぽいものを何となく探したのだが もしかして楽勝なのか?!?!?! この番号打ちこみゃ、それで終りって事か!?!?

◆と思ったら、
オレ、すげぇ簡単な事見落としてた。オレ国際電話のかけ方知らない。
ただこれは、すげぇ簡単に分かった。



なーんだ、簡単。

つまり今回の場合、まずは「0033」をダイヤルして、次にアメリカの国番号「1」、そして市外局番を入れて、最後にさっきの「767-2676」を入れようと思ったのですが…

あれ?市外局番って何入れればいいんだ???

オレは市外局番の事をスッカリ見落としていたのだ。

◆市外局番を見落としていた。
さっきの番号、「767-2676」は、そうなんだ、「767~」って番号は、あくまで、
「市内局番」からの番号 なんだ。

つまり市外局番は自力で探さなきゃならない。

通常時報なんて、日本の場合でも市外局番とかを入れずにそのまま「117」からダイヤルするのが一般的。もちろん外国でもそれは同じ。

だから時報のかけ方を説明してあるページを見てみても、イチイチ「市外局番はこれですよ~」なんて書いてるハズがない。

しかし国外からつなげようとしてる場合は、市外局番は必須。入れなきゃ絶対つながってくれない。


しかもその市外局番も、アメリカの市外局番であればどこでも適当で構わないというわけでもないようです。

日本には117番のように「国内で統一された時報の番号」というものがあります。しかしアメリカにはそういった統一番号はありません。 つまり困った事に地方ごとによって時報の番号が違うのです。

となると今回の場合、「767-2676」が時報の番号である事は分かったのですが、あくまで「この767-2676が使用されている地域の市外局番」にかけなきゃならないって事になる。

難易度が高くなってきた…。



◆更に調べる。
更にぐぐんと調べてみたら、
「767-2676」はとりあえず「Northern California(ノースカリフォルニア)」で使用されてる番号である事が分かりました!!!!

なーんだ!だったらノースカリフォルニアの市外局番を調べればいいだけじゃないか!!!

…と思って、ノースカリフォルニアの市外局番を調べたのですが、



あああ!そうか!!!! ノースカリフォルニアって市とか街の名前じゃなくて
「地方の名前」だったんだ!!!!!日本で言うところの「東北」とか「近畿」とか。つまり「ノースカリフォルニア地方」って感じ。

どれにかければいいねん!!!!

オレはこの中から無作為に選んかけろって事になるのだろーが、
もし一般家庭とかにつながっちゃったらどうするんだ???? ここの地域全てがこの番号で時報につながってくれるとは限らないかもしれない。 もしこれで時報とはぜんぜん関係ないところにつながったりしちゃったら、国をまたいだ壮大なイタ電みたいじゃないか・・

まぁいい。

ここまで来たらやるしかないぜ!!!! 万が一、普通の家庭とかにつながってしまったとしても「ソーリー、ミステイク、ミステイク、」とか言って素敵に切り抜ける事にしよう。

ハラは決まった。

で、かけた。


おおおお!つながったじゃないか!!!!

ちなみに気前よくもその時の音声を録音したのが↓です!!!!
心して聞いてみやがれ!!!!



(*再生できない人はこちらから再生できます)


ちなみにまとめると番号は↓こちらだ!!!

0033 010 1 415 767 2676
(2007年五月現在)

【本気な警告】この番号に電話する事によって生じるいかなる損害(間接、直接、双方)に対し、オレは一切責任負えないので注意!かけるんだったら自己責任で!


結局自分はノースカリフォルニア地方の中からサンフランシスコを選んだのだが、(←ここが一番大都市だと思ったから)見事にストライクだったぜ!!!!!


おおお!なんだかやっぱりどことなくファンキーだ!!!!
いちいち「Good evening !!!」って言ってるところが何だか偉いぜ!!!!

ちなみに調べて分かった事なのですが、向こうの時報って一分で自動的に切れるみたいです。この録音も一分後に自動的に切られてます。

更に調べてみたらロサンゼルスの時報も見つかりました!!! 番号は以下なのですが、

0033 010 1 818 853 1212
(2007年五月現在)

【しつこいようだが本気な警告】この番号に電話する事によって生じるいかなる損害(間接、直接、双方)に対し、オレはぜんぜん責任負えないので注意!自己責任って大切だよね!


ただ、サンフランシスコと音声は同じなようでした。ははは!

とにかくこれで西海岸は制覇だ!制覇したのだ!!! これで僕の本懐はほとんど達成したと言っても過言ではない!!!!!

・・の、だが・・

なんだろう・・???

何か足りない・・

何かが物足りてないのだよっ!!!!!!!!

第二部に続きます!!!


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと オレはニューヨークに行きたいんだ。
ハアイ!HHC&日常です!!!! 今回は前回の続きだよ!!! 前回の更新を見てない方はそのまま真鍋かをりのブログでも見ててね!!!

◆ニューヨークなのです。
やっぱニューヨークでしょ???
アメリカゆうたらニューヨーク!!! ニューヨーク行かずしてアメリカは語れないですよ!!!!
世界の文化と経済の中心地ニューヨーク。僕はやっぱり憧れの街なんです!危険と隣り合わせに常に進化する街ニューヨーク。発展と没落が共存する街ニューヨーク、僕はそんな街ニューヨークの時報を聞きたい。

ニューヨークの時報を聞かずして時報は語れないぜ!!!

というワケでオレはまず、前回西海岸で成功した時報の番号「767-2676」にニューヨークの市外局番を適当に入れて電話してみた!
→つながらん!!!!
というわけでオレは更に更に調べて一番それっぽいのにとりあえずかけてみた!!!
→しかし通じん!!!! 何度かけても「つなげる事が出来ませんでしたコール」が鳴り響くだけだ!!! 番号が違うのか?それともそれ以外の別の要素か???



更に、調べる調べる調べる・・


しかし一向につながらない。

ちなみに自分は、NTTだけじゃなくKDDI(001)やソフトバンクテレコム(0061)からもかけてみたが、結果は同じだった。


何故だ?何故なんだ?


◆若干休止
ここでニューヨークはチョイとお休みして、別の国も聞いてみたくなったんですよね。案外簡単に見つかったのが↓の二国だったのですが、

【フランス語の時報】



(*再生できない人はこちらから再生できます)

フランス語の時報はなんだかやっぱりアンニュイな感じがします。ハナから抜けないよーなフゴッ、ヌゴッって感じの発音。 よく分かりませんがどことなくフランス語って感じがします。

ちなみにフランスの時報の特徴として、一分ごとに男と女が入れ替わるところです。男女平等が徹底してるのでしょうか?

そしてフランスもアメリカ同様、二分すると自動的に切れます。

うん、なんだかフランス映画の男女のやりとりみたいな雰囲気だ!!!!

【スウェーデン語の時報】



(*再生できない人はこちらから再生できます)

スウェーデンの方はなんだか古い物語を聞かせてもらってるよーな気分だ!!!

この二国共通して言える事はどうやら海外からも積極的に時報を聞けるようにしてるみたいなんですよね。

双方、観光都市だからだろうか?


ちなみに番号は以下の通りです。例によって電話をかける時は自己責任でお願いします。

フランスの時報
0033 010 33 8 36 99 12 12
(*実は最後の12 12 は別の番号でもつながります)
(2007年五月現在)

スウェーデンの時報
0033 010 46 33 90510
(2007年五月現在)

【警告】この番号に電話する事によって何か損害(間接、直接、双方)が生じた場合は、まぁそんな事ほっっとんど無いと思うんだけど、万が一起きちゃったとしても、オレは一切ぜんぜん責任は負えないので注意!





◆POPCORNって?
西海岸の時報について調べている時、「POPCORN」って言葉が何度も出てきました。それも何度も何度も何度も。ここまで繰り返し出てくるって事は、単なる偶然ではなくてちゃんとした意味のある何かだろうなぁ?とは思ってはいたが、何の事だかサッパリ分からないまま しばらく時は流れてしまい…。

で、結局分かったのですが、この「POPCORN」





まず↑の写真はアメリカの公衆電話機の写真なのですが、番号のところをよーく見てください。アルファベットが振ってあるんですよね。




つまりそのアルファベットに従って、ボタンを押してゆくと、あらあら、目的の番号が押せてしまうと!!!! おお!すばらしい!!!

つまり「POPCORN」の場合は、P、O、P …と押してゆくと、




つまり"P-O-P-C-O-R-N"と刻印されているアルファベットに従ってダイヤルしていけば、自分が前回試した西海岸の時報の番号である「767-2676」ダイヤルされてくれると!!!!

なるほど!!!!

つまりアメリカ版番号の憶え方語呂合わせみたいなモンです。日本で言うところの「よんよんまるまるわんわんわん」みたいな感じの、番号を憶えさせるテクニック:アメリカ版って事なのでしょう。

ちなみにスピーカーメーカーで「BOSE」というメーカーがあるのですが、そこの番号の憶えさせ方は「GET BOSE」(ちなみに打ってみると438-2673)だそーです。


日本の国際電話用の公衆電話とかでもアルファベットが割り振られている電話機とかあったんだけど、そういう事だったのか!!!





最初自分、「公衆電話だからメールなんて打てないのに、なんでアルファベットが書いてあったんだ?」と長い事疑問を感じていたのですが、こういう事だったんですね!!!






◆国番号 アメリカが「1」で、ロシアが「7」
国際電話の話になると避けて通れないのが「国番号」なのですが、アメリカが「1」でロシアが「7」なんですよね。

これ何となく 作為的なもの を感じませんか?

推測として、アメリカはまぁ最初に電話を発明した国だから「一番」を取っちゃって、その後、世の大国達がこぞって小さい数の番号を取ったんじゃないか?と。

となると、二番は?とか三番は?みたいな感じになって、やっぱ二番はイギリスかなぁとか、五番あたりはドイツかなぁ?とか七番目あたりは渋くバチカンとかなんじゃないか?とか考えてしまうのですが、そう考えると日本の国番号って81番!やべぇ!相当下!!!!

なーんて想像膨らましていたのですが、これあんがい間違いで、国番号ってのは、「国際電気通信連合」っていう国際連合の専門機関のひとつが、世界を「9つのゾーン」に分けた結果、割り振られているだけみたいなんですよね。

ちなみに9つのゾーンというのは、

ゾーン1 -- 北米・カリブ海およびマリアナ諸島の国
ゾーン2 -- 主にアフリカ大陸の国
ゾーン3 -- ヨーロッパ
ゾーン4 -- ヨーロッパ
ゾーン5 -- メキシコ、中南米、西インド諸島
ゾーン6 -- 東南アジア、南太平洋、オセアニア
ゾーン7 -- ロシア(旧ソビエト連邦)
ゾーン8 -- 東アジア
ゾーン9 -- 西南アジア、中東

・・になるのですが、日本はただ単にゾーン8に含まれるから、「81」という事のようです。

ちなみにどうでもいい事ですが、アメリカとカナダの国番号は同じです(それ以外にも国番号1は実はたくさんある)

更にどうでもいい事ですが、国番号2とか3はありません。
(ひと桁の国番号は1番とロシアの7番しか無い)


◆世界の公衆電話
さて、話は大幅にそれて世界の公衆電話なのですが、公衆電話ってその国の個性みたいのが出ると思うんですよ。

イタリア(イタリアっぽい!)




とか、

ベトナム




とか、極めつけなのは↓スウェーデンの公衆電話だ!!! もー犯罪級的にかわゆえ!!!!




公衆電話にしとくのがもったいないぐらいのかわいらしいデザイン…。やっぱ北欧ってデザインに関しては、ものすごい先進国ですね。


そんな個性的デザインあふれる公衆電話界の中でも、中東の国イランもある意味相当印象に残りましたので、掲載しときます。




まるで戦車のようです。 やっぱ個性出ますねぇ、国ごとに…。二、三発ミサイルの直撃食らっても、ピンピンしてそうです。 カラシニコフぐらいだったら、たやすくハジキ返しそう。真ん中が少しへこんでいるように見受けられるのですが これは迫撃砲の痕ですか???

ちなみにイギリスにはメールが打てる公衆電話ってのもあるそうです。






つづくのだ!!!

(次回予告)
感動しない最終回!!! ここまでひっぱっときながら本当につまんなく終わります。

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

んごごごごごっっと ダメだ!!!ニューヨークぜんぜんつながんね!!! ヌハーイ!HHC&ニチジョスです!!! 今回が時報三部作の第三部、つまり完結編です!!!! とりあえず終わらせます!!!!


◆ニューヨーク挑戦、そして苦々しい挫折
ニューヨークに頓挫しつつある僕はもうひとつの元赤い超大国、

↓プーチン率いるロシア




と、

↓もうひとつこの国




…に挑戦してみたのだが、

ダメだ!!!!!! ロシアの時報に関しては、モスクワでは「100」で、サンプトペテルブルグでは「060」 といった感じに、番号自体は分かったのですが、かけてもぜんぜんつながりません。 日本語のアナウンスで「おつなぎできません」と流れやがる。

「北朝鮮」に関しては信じられない事に電話がまだ一般家庭まで普及してないらしく、よって情報も少ない。そしてもちろんオレはハングルなんてサッパリ分からない。

北朝鮮での電話による時報サービスも2001年ぐらいにやっと始まったとの事らしいです。結局最後の最後まで北朝鮮の時報の番号は何番なのか?って事すら分からずじまいで、結局頓挫!!!! あああ!もうダメだ!!!!

ここまで来て何となく分かった事なのですが、要は「つながるかどうか?」ってのは、「国際電話からの接続を認めてるかどうか?」って点に尽きるって事が分かってきた。

そして世界的に見ると「国際電話からつながる方がマレ」って事も分かってきた。

アメリカの西海岸とかフランスとかは例外だよ!!!


例えば 韓国の時報は「116」 なのですが、

0033-010-82-2-116
(ちゃんと↑ソウルの市外局番02の0は抜いてる)

・・にかけても、オペレーターの声で「おつなぎできません」と出てくる。

うーん・・。

◆ニューヨーク、何がやっかいかってぇと。
ニューヨークの時報を調べてったら、何となくこれじゃねぇの?って番号にいくつか辿りつきはしたのですよ。

936-1616 とか 976-1616

ただやっぱり問題になるのは市内局番。英語で言うと「area code」

ニューヨークは調べたらその市外局番だけで「13種類」もあった。ニューヨークだけで13種類もあるのか…

その13種類の全てを、NTTとKDDIとソフトバンクテレコムそれぞれで試す → 全部ダメ。

しかも更に調べてみると、そもそも全米にある「時報」ってヤツは2、3種類どころか、ものすごい大量に存在している って事も分かった。

自分は更に追撃の手を強め、恐らく全米中の時報のリストじゃないかと思われるものを入手し、そこからニューヨークの市外局番が含まれた電話番号を抽出。

そこに片っ端から電話、

ダメだ!!!!

やっぱりつながらない!!!!!

英語で「ビーッかけなおせ!」って毎回流れやがるぜ!もう聞き飽きたこの音!!!!

アメリカの「かけ直せ!」のアナウンスってけっこう耳に響きます。




僕は最終手段に出た。 教えてくれるかどうかワカランが、僕は日本の「104番」に電話してみたのだ!そう!番号案内だ!!!!
104に電話 → 「KDDIの窓口に聞けばもしかしたら教えてくれるカモ?」のように案内を受ける → KDDIに電話 → KDDIの担当者に「ニューヨークの時報の番号って分からないですかね?」と聞いてみる → 「こちらではわからない」と言われる → 但し、「その番号が存在してるかどうかは確認をする事は出来る」と言われた → そこで自分は、自分が試した番号を一通り聞いてみた → ほとんど存在していた。

…つまり、かけていた番号自体は間違ってなかったのだ・・。

「やっぱり国外からだとつながらないんですかね?」と聞いてみる → 「そうかもしれませんね」と返答。


つまり、最初っからゴールの無い旅だったのか・・。


しかしかわりに「Washington, DC(ワシントンDC)」の時報の番号は分かった! しかもどうやら国外からもつながるみたいじゃないか!!! ワシントンと言えば首都だ!!! 世界の大国アメリカ合衆国の首都だ!!!!

聞いてみた。



ぜんぜん普通じゃないか。
一瞬でも期待してしまった自分がなんだか悲しい…。


とまぁ、こんな感じで今回は終了です。ニューヨークの時報には結局、届きませんでした。遠いいなぁ、ヌーヨーク。


ああ、こんな終り方・・


◆追記
前々回にネタにした「東京モード学園改装中!」のお話ですが、名古屋モード学園も現在改装中だそうです!!!



情報ありがとうございましたーっ!!!!

なんだか タケノコの先端 に似てますね 笑



http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

TOPに戻る