TOPに戻る
http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

リボルバれ! 【2004/12/03】
携帯のバッテリーの持ちが非常に悪く、メールを10通送るぐらいでバッテリー切れになります。
これじゃまるでリボルバーじゃないか!!!
通話なら15分程度、もはや「時計」ぐらいとしか機能しません。話になりません。
■リボルバーを知らないヤングチンパンジー達へ
リボルバーとは回転式連発拳銃の事です!!


弾の装填数は六発。ロシアンルーレットとかで使うアレね。
今回は「送信出来るメールの本数が少ない」という点と、回転式連発拳銃(リボルバー)の「弾丸装填数の少なさ」に例えて比喩してみました。

(比喩として利用)

「バッテリの持ちが悪い!」って話になった時、毎回毎回リボルバーリボルバー言ってたのですが誰一人として理解してくれないので、悔しいので詳細に解説してやりました。


「リボルバー」って一般用語だと思ってたんけどなぁ。

ちなみに12発ぐらい可なリボルバーじゃない拳銃は「オートマチック」と言います。


ちなみにオレはガンマニアでもモデルガンマニアでも無い。

■私信
明日から多分大阪行きます。関西文化圏上陸だ!


---------
◆最近珍しくけっこう更新しててん!
◆見てない方は↓の「log」から見てやってください!!

◆「Jポーク」はダメです!「日本豚」と呼べ!


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

ゲッ歯類!! 【2004/12/01】
あらゆるものに憤りを感じていますさしみです
のどが痛いです!耳がカユいです!季節は冬なのにオレは今だに電車の中で玉の汗かいてます!暑がりなんだよ!汗出るんだよ!つかこの気温でマフラーするヤツって絶対におかしい!冷房かけろ冷房!!

■魚肉ソーセージは主食たりえない。
今年の夏は魚肉ソーセージが主食で、その後シーチキンになり、現在サケ缶になりました!!!目を見張る程の生活レベルの向上!自分でも恐ろしいぐらいだ!向上!これがワンランク上の生活!庶民達の羨望と僻みの感情が痛い程心に突き刺さります。貧乏人はビタワンでも食ってろってカンジで!



次なる野望は「好きなだけシラスを食べ られる環境」←東京はシラス高いねん。

■最近ぜんぜん飲みに行ってない
だから金がたまるのか?

■オレオレサギハイパー
オレオレサギがもはや一過性の言葉ではなくて、ひとつの独立した犯罪のカテゴリと して認可されそうなイキオイだ。

■サボるは1919年の流行語!
サボるという言葉は1919年の流行語だ!もちろん語源は「サボタージュ!」←こんな前から分かってたンだが、単なる「流行語」だったってのが意外だ! 85年前の流行語をオレ達はまだ使っているのか!!!! つまり語源はフランス語!よって普通の言葉として何も考えずに「サボる」使っている貴様!せめて少しはフランスに思いを馳せやがれ!!


たぶん 10年後とか20年後に「ヨン様」とか「出来ちゃった婚♪」とか言ってるぐらい奇妙な違和感があるハズだぞ、多分。そう考えると「サボる」ってすげぇなぁ!

わし個人的には「イケメン」と「J-POP」は言葉として早く消えてもらいたいです。現在2004年12月、この二つが一刻も早く消えるのを祈る!
断言しよう!オレが許せる「Jから始まる単語」は「Jリーグ」と「Jビーフ」だけだ!!! 三つもいらん!!!

■別に特定の誰かに対して憤ってるワケでもないのだが・・
刺身や納豆についてくる「マジックカット」を上手く切れないそこのオマエ!!!!!



ちなみに「マジックカット」ってのは「刺身」とか「納豆」についてる「醤油」とかのパックの種類の一つで、小さい「切れ目」とかがついてなくて「どこからでも切れます」って書いてあるやつの事ね。知らない人は醤油パックをつぶさに観察してください。

それを上手く切る事が出来ないオマエ!!!!

オマエはきっと家畜以下!!!さっさと食肉になりやがれこのブロイラー野郎!!!

あーってきた!ってきた!!

・・と思いつつも自分もさっき「もぴゅん♪」とヤッってしまいました。「ちーっ」とまわりに醤油をブチ蒔けてしまい、 床の切れ目と切れ目とかに入っちゃって結構大変ー

堵殺してくれー、誰かオレヲ堵殺してくれえー


■なんとなく
心はいつもNASAとだけ宣言しておきたいと思います。

それではもう寝ます!ではっ!


---------
◆更新終わった瞬間にヘンな頭痛が始まりました。
◆更新しない方が良かったという神のお告げでしょうか?
◆ボクのウチには外国製の頭痛薬「タイレノール」というのがあるのですが、確かに頭痛は止りまるのですが 気分がみるみる悪くなります


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

いやまだ休止中ですねん実は 【2004/11/19】
どうもさしみです(さしみ=管理人)
前置き抜きに始めます。とりあえず↓を見てください。



ミッキーのコレってナンですか??


野球選手のコレってナンですか???

■野球選手のコレって。。?
まえまえまえまえからずー・・・・・・・・・・・・・・っと気になってたんだけど、あの足元にあるヒモだかヌノだか、とにかく土踏まずに引っかけてる黒いアレっす!
一体ナンなんだ???


コレ!コレ!コレ!


■別に知らなくても困りゃしねーが
わし人生に於いて野球に関わった事が一度たりともありません。

キャッチボールなんて二回ぐらいしかやった事ないんだ!二回って覚えてるんだから本当に二回だと思う。
つまりルールもろくすっぽ知らないんだな!

そんなオレだけどチラチラプロ野球ニュースぐらいは見てるワケであって、まえっっっから疑問に思ってたのが↑アレだ!とにかく↑アレだ!!

何か形状的に「アマチュアレスリング」のユニフォームを連想してしまう。



ただアマレス↑あの部分に関してはぱんつがズリ落ちないようにという明確な理由があるワケですよ!
組合った際、服とかをひっぱってズリ落ちると困りますし。野球のアレには理由はあるのか?

ワケを!ワケを教えてくれっ!!

【推論】

ボクが目をつけたのはココなのです



そう!腕の部分だ! ↑の「足んトコの何か」と同じ色じゃないか!腕と足が同じ!となるとおのずと↓のような推論が生まれてくるワケですよ!



そう!腕と足はつながってるんじゃないかと!つまり足のところにある「土踏まずにひっかけてるやつ」はあくまで全身タイツの一部がハミ出てるだけで、土踏まずにひっかけてるのは全身タイツがズレないよーにするためなのではないかと!!!


・・と思ったのですが、何となく感覚的に違うよーな気がします。野球選手が全員全身タイツ履いてるなんて話も聞いた事ないし、そもそも全身タイツを着る理由もない。

話はスタートに戻る。現実は厳しい。

【結論】
職場の野球経験のある人に聞いてみたら答えはあっけなく出た!
「あ、あれってスライディングの時、くるぶしがスレないよーにする為ッスよ。」
あ、そーなんスか!めちゃくちゃ真っ当な理由なんスね!
スライディングする時、ズサーッっと足の横の部分がスレるじゃないっすか?そこを守る為だと。オレっててっきり昔のユニフォームとかの名残で残っちゃってるだけの無用の長物かと思ってましたよ!
でもってオレの全身タイツ説も当然正しくはなく、長さは普通の靴下よりチョイ長め程度みたいです。正式名称はアンダーストッキング、通称「アンスト」



人によってはヒザの上までたくし上げてる人もいるそーです。そのヘンは好みって事で!

ただ最近はアンダーストッキングを見せるのはあんまり流行ってはないみたいです。



中にはアンスト履いてるようなのですが、外には出さないみたいです。時代も変われば服装も変わるって事ですね!

まだ続きがある。続きは次回!

---------
◆風邪ヒイてんだオレ
◆のどイタイんだオレ

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

いやまだ休止中ですねん実は 【2004/11/19】
どうもさしみです(さしみ=管理人)
前回の続きですが、とりあえず↓を見てください。



ミッキさんのコレ

■つーか、
別にどうでもいいワケですよ!漫画のキャラクターの一部が何であろうと! こういう小さい事を大げさに言う連中っていかにも「ネタ的」って気がしてすげぇイヤなんだ実際!!!!

ただなんっっっとなく、フと「何?」と思ってしまったワケであって。。

■この事に関してほとんどの人は「ボタンでしょ?」と回答
やっぱたいていの人は「ボタン」と回答するンですが、実際ホントにボタンなのか?と疑問を思ってしまうワケであって!

でな!

調べてみたら実に 瞬殺、 実際のディズニさんの作品の中でズボンのあの部分に関するシーンがアッサリあったワケですよ!

まぁ「ニセミッキ」みたいのが出てきて、ミニさんと「恋のライバル♪」みたいな作品なんだけど、そこでこんなシーンがあるんですよ!


でもって次のシーンで、ボタンを手に取って高笑いするシーンがあるんですよね。



うーん、間違いないなぁ!

それにしても実に「瞬殺」だった。。

考えてみたら昔の作品ってデザインにボタンが使われてる事って多いワケですよ!「鉄人28号」とかも腕にボタンみたいのがついてるし!



■ただそーなると、
ミッキの場合、「なんでズボンにボタン。。?」とコンマ数秒だけ考えちまったのですが、コレは言うまでもなく「サスペンダー」を吊す為だと思います。

↓の写真を見ても分かる通り、当時の少年達のはいてたズボンはたいていサスペンダーを吊すボタンがついていましたからね。

何しろミッキさん1928年の生まれです!


ちなみにサスペンダーである証拠にズボンの「後ろ」にもちゃんとボタンがついてます!


も、こりゃー間違いないね!

ちなみにミッキさんは何故手袋をしてるの?という問いかけに対しては、めんどくさいので「指紋を隠すため」という事にしておきたいと思います。なんかどうでもよくなってきた(笑



ちなみに11月28日はミッキさんの誕生日だそうです。

■その頃日本は!
おお!ナンだか歴史サイトっぽい雰囲気になってきたぞ!
ちなみに1928年っていうと、日本じゃまだまだ「戦前」です!あの手塚治虫が生まれた年です。その頃やっぱり思いっきりパクってる作品みたいのもいくつか登場してたみたいねんけど、その中のいくつかがコレ!



スゴイです!日本版ミッキ!右手に銃持ってます!!! めちゃ「悪人」やん!
ちなみに作品の名前は「黒猫万歳」という名前で、ねずみ王国とおもちゃ王国が戦争をする話だそうです。キバ生えてませんか?みっきー??

でもってもう一つがコレです!



コッチはキャラクターは「猿」ですが、多少の「猿化」を除けばモロパクリってカンジがします。白い手袋してるし。悪い意味での「日本の香り」がプンプンにただよってくるこの作品、なんでしょう?すごくつよーい「昭和」の雰囲気がぐいぐいと迫ってくるのですが・・。もちろんコレも兵器操ってます。 つか↑のシーン、カナヅチ持って何やってるンスか??? 撲殺シーンでしょうか。。?


いやね、まだ続きがあるんダヨ!

---------
◆風邪はだいぶよくなったのですが、
◆半直りの段階で調子乗って道場(空手)行ったおかげで、現在身動き取れないぐらい体がダルイです。行くんじゃなかった

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

このネズ公が! 【2004/11/19】
どうもさしみ(管理人)です!ミッキー特集中!
著作権抜きでブッチギッってます!
来やがれTDL!!
■やっと本題だぜ!
で、デスネ!実は前回のは完全な「前フリ」だったのですが、ボクがいっっっっちばん気になってたのは実は日本版ディズニーのミッキーの声の人なんですよっ!!!!!
そう!あの「ふはーい!ほふみっひー!(ハーイ ボク ミッキー)」の人だ!!! ←オレにはこう聞こえるんだ!!!!
つーかこの人、どこから声出してんだ???? ウラ声というよりカスレ声というか、唯一無二にして何だかよくワカラナイ声、いいとか悪いとか抜きにしてとりあえず耳に残ってしまう感触!!!!

とりあえず今一度聞いてみよう!コレが日本版ミッキの正式な声だ!!!!



いやー相変わらずハナに抜けるよーな声だぜ!

■そーなると当然どのツラ下げて喋ってるンだか気になって来るワケですよ!
どんな顔してるんだか気になりませんか?少なくともオレは気になった!見てみたい!すげぇ見てみたい!!

■そしてボクは旅に出た
まず名前を確認しよう。

青柳隆志さん


名前は案外簡単に見つかりました。こんなの「声優」「ミッキー」で検索かければ一発です。
問題は画像です。たいていココでつまづきます。
特に声優さんは写真が少ない。以前「ドラえもん」の回で声優の写真を探したところノブヨ以外はほとんど全滅だった!!

で、とりあえず「青柳隆志」で検索し、何だか思いっきり本人の個人のサイトっぽい雰囲気のトコを見つけて入ってみたところこんなページが出てきました。

朗詠のHP

は?ナンすかコレは。。?「朗詠」、そもそも何て読むかオレ知らんかったんやけど 「ろうえい」って読むらしいです。ちなみに「朗詠」とは「十世紀前半以降成立した、詩文の吟誦による歌謡の名」の事のよーで(←ナンの事だかサッパリわからん) まぁとりあえず、 「詩を読む(それも古文レベルの)」という感じで、平安貴族の間では相当崇高な「たしなみ」だったよーです。




スゴイです!朗詠について完全網羅されてる気配っす!

朗詠とはなにか

朗詠曲目一覧

十二音会

朗詠研究日録


でもってページの下の方見てみると「平安朝の漢詩文と音楽とが織りなす格調高きハーモニー、いまここにその全貌が蘇る!」なんてな朗詠全集CDみたいのを発見しました!!!


そんな事はどうでもいいんだ。
ミッキーだミッキー、忘れるなミッキー!ただ いろいろページ内を執念深く探し掘り下げてみたのですが、間違いなく「和」です。
「ミッキーのカケラ」も出て来ません。

出てくるのは和風丸出し↓コンな感じ!

初音源化十曲を含む、宮内庁式部職楽部伝承十五曲の「朗詠」を完全収録。

とか

平成12年度文部省科学研究費刊行助成出版

東洋音楽学会より、

平成14年10月12日

第19回田邉尚雄賞が授与されました。

とか、ひたすらコンなのが続きます。 内容も非常に格調高く、少なくともウチのサイトのよーな下品な内容は一切出てきません。「ちんこ」とか出ないし。

でもって他のサイトの情報とかを集めてみる事にしたのですが、いろいろ書いてあるワケですよ!「ミッキーの声の青柳隆志さんは大学教授で、副業でミッキーの声をやってる」だとか「オレは大学でこの人の授業受けた!」とかそんな感じで!
ただこういうネット情報って正直アテにはならない。

確かにこの朗詠のホームページの作者のプロフィールを見てみると「青柳隆志 (東京成徳大学)」と書いてあります。 ただなー、この「青柳隆志」って名前がけっこう微妙なんよ!「青柳」って名前もそこまで極端に珍しい名前とはいえない、「隆志」って名前はもっと一般的だ。

つまりネットでミッキーの声優の名前を調べてた人がたまたま同じ名前の大学教授を見つけて、勝手に 同一人物だ!!!と決めつけてしまった可能性も十分に考えられる!だってネット情報だぜ!ぜんぜんアテならん

果たしてミッキーの声である「青柳隆志さん」と、このHPの作者である「青柳隆志さん」は同一人物なのだろうか。。?


・・そうこうしてるウチに この「朗詠HP」より青柳隆志氏の写真を発見しました。

















・・え。。コレがミッキーさん。。。?
確かになんだか「つぶら」です。ほっぺたの「ぷくぷく感」はちょっとミッキーにって
いや、そうじゃねぇだろ? アナタがミッキーさんなんですか。。?アナタがミッキさんなんスか。。。。???
こっこの風体で 「ほくみっひーっ!(←ボクミッキーのつもり)」なんスカ???

違うダロ?いくらなんでも???



更に続いてこういうものも見つけてしまいました。








つか、何やってんスカこの方?????
まぁ↑の写真は富士の麓で朗詠に興じてる姿のようではありますが、この方について調べれば調べる程、この朗詠の世界では本気でスペシャリストである事が分かるわけですよ。何しろ出版物の量とかスゴイですからね!朗詠の講演も精力的に行ってるみたいですし、何しろ仕事が大学教授だ。 大学教授、そんなひまじゃねぇだろ?

ミッキーの声優も大変な仕事のハズ。大学教授とかけもち出来るとは到底思えない。


ナンか本気でこの人じゃないっぽいなぁ..。証拠が全く無いし、内容がかけ離れすぎてる。あぁぁ、、無駄打ちっぽいなぁ。。







・・と思い、半ば諦めた感じでさっきの「朗詠」のページを改めてぐぐっっと下の方まで見てみたところ、↓こんなトコロ に気づいてしまいました。


















■というワケで!
というワケでミッキーさんの声優さんはやっぱり↑の方で間違い無いよーな気がします!みなさん気づいてますか?この方メールアドレスが「mickey」 なんですよ!つまり「japan mickey」、さすがにここまで来たら間違いないっしょ? ここまで来てやっぱり違うって言われてもオレやーもうワカランねん!





まぁさすがにおおっぴらに自分のサイトで「オレミッキー♪」って書くワケにはいかなかったんだろうけど、メールアドレスだけはこういうのにしちゃったんでしょうな!オマエか!やっぱりオマエか!!

■青柳隆志さん本当にごめんなさい!
でまぁコンな感じで調べていった今回なのですが、この方がミッキーの声ってのはホントに間違い無いみたいなんですよ!ミッキーの声が大学教授ってのも一部じゃ有名な話で、今更話題にもならないぐらいだそーです!

というワケで何だか青柳隆志さんをコキ下ろすような内容になってしまった今回なのですが、誤解の無いよーに言っておきますと、オレミッキーの声大好きなんですよ!オレの出来る唯一の物まねですからね! >ミッキーの声

ちなみに!何でミッキーの声が「裏声」かというと、ディズニー映画がトーキーに変わり、急遽ミッキーに「話をさせる必要」が出てきてしまったんですよね。そこでその時なんと「ウォルトディズニー本人」が急遽「裏声」で参加したという事で!!裏声ってのがポイント。
その伝統が今の日本に受け継がれてるみたいですねぇ・・。そんなこんなで「裏声の彼」は
めでたく日本唯一のブエナビスタ公式ミッキーの声優担当 に任命されたそうです!

うーんいろんなイキサツがあったんですねぇ・・

ちなみにミッキーの声は一つの国に一人しか任命されないそうで。首相並ですな。



シワが多いぞ!!




---------
◆ああー朝の六時だよ。。
◆仕事どうすんだ?明日?(笑

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

TOPに戻る