TOPに戻る
http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

ふとんがオレを呼んでいる 【2003/12/12】
言葉じゃ上手く説明出来ないけど、ナンか気になる何か?ってあるじゃないッスか?

文字通りホント上手く説明出来ないんだけど。

最近ニュースとかで自衛隊派遣についてばっかりやってるんだけど、どうも気になるのがコレなんですよ



陸上自衛隊標準装備無反動砲カールグスタフを構える自衛隊員の左側にいる人
この横から心配そうに投げかける「視線」といい、そっと胸にさしのべている「手」といい、何よりこの寄り添う空気感がボクのイメージする「自衛隊イコール厳格な男社会」という固定された感覚からは、相当な違和感を覚えます。
アタリ前ですが、この人遊びでやってるワケじゃなく、撃った反動の衝撃吸収や、弾を込めたりする役割等、相当重要な役割である事は確かではあるのです。


うむ。かなり密着してますね。

でもってもう一つ、既に↑の左下に出てるんですが、現防衛庁長官「石破 茂」氏、これまた言葉で上手く説明出来ないのですが、どぉぉぉぉ・・・も印象に残って困ります。

拡大するとコンな感じです




よく見るとクチビルがキュートである事が分かります。
稲中にこんなキャラクターいてそうな気がします。

この方の会見を実際に見てみると分かるンですが、常に「目が笑ってない」ンですよね!完全無表情な状態で、口だけがパクパク動きます。あ、しゃべり方が腹話術の人形っぽいのか?

深い意味はありませんが、目からビームぐらいは出て来て欲しい気がします。



それにしても見れば見る程見事な七三分けです。

こんな事を書いてるウチにフセインが拘束されたとのニュースが入ってきました
世界は動いてますね。


■みんなのアイドルパンダさん!
パンダを悪く言う人ってほとんどいないじゃないッスか!「いやーん!ヌイグルミみたいーっ!」ってな感じで、その愛らしい動きは見ているだけでも、自然とほほがゆるんでくる。「平和」そして「友好」の象徴。恐らく一番ヌイグルミになっている動物は、パンダのような気がする。

あのコロコロとした感じは、ヌイグルミにしてもキュートだ!



そんな、既成のパンダイメージを根底から覆すような映像 を複数目撃する事が出来ましたのでご報告致します。



パンダさん




にんじん食ってるパンダのアップ映像なのですが、
ナンか目のアタリの半開き感が、「パンダ真実の姿」みたいに感じて、ある種の爽快感すら感じます。

この映像って、昨日NHKでやってた「きょうは一日パンダといっしょ!中継・中国からこんにちは!野生の赤ちゃん撮影に初成功!!」みたいな番組があったンですけど、そこでやってた、動物写真家岩合光昭さんがパンダとふれ合っている時の一コマ、



ナンとも言えないパンダのふてぶてしさを感じます。誤解のないように申し上げておきますが、断じて中に人が入っているワケではありません。 コレがパンダ、本当のパンダの姿なんだ。




こんな映像もありました!



繰り返して言いますが、中に人が入っているワケではありません。

この鋭いツメとかを見てると、しょせんはクマ科の生き物という事を再確認させられるような気がしてきます。あんがい知られてませんが、野生のパンダに襲われて命を落とした人もいます。 こんなむくむくした生き物にわれ、尊い命を落とす事になってしまった方の事を思うと不憫でなりません。

もしかしたら今までボクらは、作られたパンダイメージの中で踊らされていただけなのかもしれない・・ 動物園でもガラスに貼られたオリを遠くから眺めているだけ、メディアに偶像化されたパンダイメージの中に恋をしていただけなのではないだろーか???




------

◆ホントはパンダに関しては言いたい事、山のよーにあるんだよね 笑
◆それにしても、ホントにホントに動物ばっかりだなぁ最近・・そろそろ流れを元に戻す事にしよう

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

どんな生き物も子供の頃はかわいい 【2003/11/18】
突然ですが、我がサイトHHC&ニチジョウ宛にこのよーなメールをいただきました

「さしみさんこんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております ・・(中略)・・
・・そこでひとつ質問があるのですが、友人がちょっとした田舎の田んぼの中で「カブトガニ」 を捕ってきたのを見せてもらいました!「カブトガニ」って簡単に見つかるのでしょうか?それとも、「カブトガニ」に似た別の生き物 なんでしょうか・・?」


【カブトガニを追え!!】
成程!自分決してカブトガニは専門ではないのですが、何となくカブトガニでは無いよーな気がします!(*フィーリングで)

ちなみにボクが持ってるカブトガニ知識はこの二つだ!

・古代から生き延びた生物
・形がモビルアーマーに似ている

そしてコレまた曖昧(あいまい)な記憶なんですが、確か海の生物だったよーな気がします。

・・ただ、海から川を行き来する動物っているしなぁ・・?

そう言いながらも田んぼと海を往復する生き物なんて聞いた事がない。



そして更に更に記憶をたぐってみると、確かコイツ天然記念物だったよーな気もします。普通に田んぼにいてもいいのだろーか??


【カブトガニを巡るもう一つの記憶】

そして更にこんな記憶もあるのですよ!!

「ニューヨークではカブトガニの子供を養殖ウナギのエサに使用している」

↑この記憶確かテレビでやっていたよーな覚えがあるのですが、全ての記憶がなにぶん曖昧な自分、 いろんな疑問がスッっ飛んでくるんだ! ニューヨーカーってウナギ食うのか???アメリカなのにウナギ?そもそも天然記念物をエサにしていーのか?? ちなみにこの情報、もしかしたら「夢」だったのかもしれないのです!なにぶん"半眠りな状態"でテレビを見る事の多い自分、 夢と現実の記憶が曖昧になる事なんて日常茶飯事で、確かに記憶では、「そうなんだ、最近はエサ用のカブトガニの子供が少なくなっていて困っているんだ!」←なーんてアメリカ人のウナギ養殖業者がインタビューに答えてたんだけど、正直それも正しいかどうか分からない。

「アメリカ人のウナギ養殖業者」なんて本当にいるのだろうか・・?


【想像図】


全ての記憶が曖昧な自分、

それにしても今回の文章、「曖昧」ばっかりだ!

カブトガニ、謎は深まるばかりです。


→次回、「ニューヨークではカブトガニの子供を養殖ウナギのエサに使用している」の謎を更に追います!!

----

◆今回珍しくシリーズでお送りしています!!!
◆続きは↓に書いてゆく予定!!!


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

千葉真一 【2003/11/18】
さて昨日の続きだ!!
「ニューヨークではカブトガニの子供を養殖ウナギのエサに使用している」 ←コレのウラを取る事が今回の目的だ!!
(*ウラを取る=証拠を見つけてくる)

素直に考えると、ここで出てくる疑問は二つ!
①ニューヨークでウナギ??
②そのエサにカブトガニを使用???

ニューヨークとウナギ!全く不似合いだ!!
まずは、「①ニューヨーカーってウナギ食うの???」 ←ここからスタート!!!!

■世界のウナギ食
そんな時はネットだ!!片っ端から検索サイト検索を実行していくウチに耳馴れない単語が目に飛び込んできやがった!

【ウナギパーティ】
ナンだ?ウナギパーティって??? 場所はスウェーデン南部スコーネ地方!!調べてみたらどうやらこういう事らしい!!!

■解説:ウナギパーティ
パーティ参加者みんなが思い思いのウナギ料理を各自持ち寄り
ウナギの素晴らしさを心ゆくまで楽しむという、まさに真のウナギ好きの為の集いだ!!!

時には「シチュー」、そして「フライ」、更に「ボイル」、「薫製」と世界のウナギ料理はこんなにも多種!!

日本でウナギ料理つったら「蒲焼き」「うなぎパイ」ぐらいだからなぁ・・

ちなみにウナギの旬の九月に合わせて行われるある種本気な恒例行事だそうで、当然「ウナギ祭り」のよーなものもあります!ウナギに対する熱い情熱を伺い知る事が出来ます。

しかも更にこんなメニューもありやがる!

【うなぎゼリー】
文字通りうなぎのゼリーだ!!うなぎを煮出した時に出てくるゼラチン質を利用し、そのまま肉ごと固めたものだそうで!日本料理で言う「煮こごり」のようなものだそーなのですが、ロンドンでは比較的ポピュラーな食べ物だそうで!しかも味付けは白ワインとりんご酒!それを レモンジュースとトーストで食べるという日本ではあまり考えられない組み合わせ!

知らなかった!既にウナギは世界を駆け抜けている!!

【ロンドンの「ウナギパイ」】
日本で「ウナギパイ」と言えば浜名湖名産"夜のお菓子うなぎパイ"つまり お菓子なのですが、 (参考URL:こちら) 、ロンドンで「うなぎパイ」と言えば本当のウナギのパイだそうです。もともとは牛肉が食えない労働者達が代用品として食べたのがキッカケだそうで!

ちなみに世界のウナギ料理全てに共通して言える事なのですが、基本は輪切り だそうで、ほとんどは切ってそのままブチ込まれている状態だそうです!串に刺すのは日本だけみたいデスネ。

そして世界のウナギ料理を食った日本人全てに共通する意見なのですが、ほとんど100%の方が「マズい」との答え。やっぱり日本人には蒲焼きが合うみたいですね


■そんな事はどうでもいいとして、結局ニューヨークではウナギ食うのカヨ???
すまん!調べれば調べる程、ニューヨークではそんなにウナギを食うワケではないようです! ワリィ!オレの勘違いみたいだ!!確かに最近はウナギを出してくるレストランも増えきたらしいのだが、しょせんその程度、断じて昔からウナギを食べているワケではないそうだそうで!!

オレの勘違いか・・


【ニューヨークでは間違い】


その代りといっちゃナンだが、アメリカ人はナマズを食うって事が分かった!!!!

【アメリカン人とナマズの関係】
アメリカ南部では古くからナマズを食う習慣があったそうで!!!それも多少食うとかその程度ではなくて、ワリと人気がある食材だそうで!!


【まずそうだ・・】

しかもニューヨークには有名なナマズ料理シェフとかもいて、VIPの接待の時などにナマズ料理が食卓に並ぶ事もあるとの事!!!!ナマズは高級食材なのだ!!!!

そうなると当然、「ナマズ養殖業者」なーんてのも当然あるワケであって、調べてみたら出た出た!北米ナマズ養殖者協会!正式名称North American Catfish Society 略して「N.A.C.S」だ!!!

ナマズの分際でナンだこのイカした略称は!!!


【ここでいったんまとめてみよう!】

「ニューヨークではカブトガニの子供を養殖ウナギのエサに使用している」 ←コレは間違いで、

「ニューヨークではカブトガニの子供を養殖ナマズのエサに使用している」 ←コレが正解のよーだ!!!


【こちらはノープロブレム!】



そーなると残された疑問はただ一つ!! 「②」の方の、
カブトガニみたいな天然記念物をエサにしていいのか???
↑ココだ!ココ!!
そうなんだ!カブトガニは天然記念物だ!!!日本では絶滅危惧種(レッドリスト)にも指定されている、限界ギリギリの生物なのだ!!!!

ニューヨークにはカブトガニがウジャウジャいるという事だろうか・・?

次回はその謎に迫ります!

----

◆なんとなく、完全自己満足に到達してるような気配を感じる今回なのですが、
◆きっと「気のせい」という事にしてこのまま突き進みたいと思います!いーんだ!ココは個人サイトだ!!!
◆そして今回もシリーズものなので、続きは↓に表示されます!

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

略して「ガニ情」 【2003/11/18】
「え?ニューヨークにはカブトガニがうじゃうじゃいるの???」って感じで終了した前回、その後いろいろ調べてみたらいろんな小ネタがプリプリ出てきたのですが、調べりゃ調べる程、あんがい世界にはウジャウジャいるらしく、「カブトガニがこんなに貴重視されてるのは日本だけなんじゃねぇのか?」という推論はよいよ確信に変り始めてきました。

■そーいえばカブトガニの英名は?
「HorseShoe Crab」(ホースシュー クラブ)
日本語で言うと「蹄鉄ガニ」 だ!

「蹄鉄」が読めないクルクルパー達へ
「ていてつ」 と読みます

「蹄鉄(ていてつ)」ってナンの事だか分からないヤングチンパンジーたちへ
馬の足につける金具の事です。



つまりアメリカ人は「Horse(うま)」「Shoe(くつ)」「Crab(カニ)」って事でカブトガニなんですね。アメリカ人はカブトガニの形から「蹄鉄」を連想したと。


それに対して日本人はカブトを連想!


「サムライ文化」と「カウボーイ文化」って感じでしょーか?

とりあえず「HorseShoe Crab」って単語さえ覚えておけば、世界中何処に行ってもカブトガニの話が通じる!さあ!「HorseShoe Crab」という単語を携えて世界を駆け抜けろ!

■そーいえばカブトガニの生息地ってドコよ??
コレがカブトガニの世界分布図だ!!!



成程!

こうして見てみると何だか確かに「一部の限られた地域」にしか生息していなさそうなので、結構貴重な生物に思われがちですが、この写真を見た瞬間にありがた味が一気に消え失せます。



もー、どうやら出るトコ出ればぜんぜん貴重でもナンでも無いみたいなんですよね。見ての通り、ウジャウジャウジャウジャと。


もちろんこういった事情もアメリカでも似たよーな感じで、



↑から分かるよーにあまり大切にはされていないよーな感じなんですよね。





うむ。





当然料理とかもされてるワケですよ!




知れば知る程、海外でのカブトガニが大切にされてないっぷりが如実に浮かび上がってくるのですが、

まぁ、ここまで多いと、その気持ちも分からないでも無いです





ちなみにカブトガニ料理の味の方なのですが、実は 「普通」 だそーで、とりたててマズくも無いが美味くも無いとの事





でもってこのアタリ、ニューヨークの日本人学校の子供達が詳細にレポートしてくれているのですが、 →こちら
彼らのレポートによると、ニュージャージー州ケープメイには125万匹のカブトガニが産卵の為に上陸するとの事!!125万匹つったらスゴイぞ!東京ドームの収容人数 55,000 人っすから、東京ドーム22杯分のカブトガニが一晩で海岸に上陸する計算になる!!!!

この計算の考えが正しいのかどうかワカランが、とにかく多すぎだ!!


■「ニューヨークカブトガニ事情」まとめ
というワケで、日本以外のカブトガニはあまり大切にされてないという事がよーく分かりました。

日本種のカブトガニは 敵なしの天然記念物ですが、世界に出るとこの有様です。

しかし、しかしなのですが、さすがに世界でも最近は取り過ぎてしまって、「ムッチャクチャに多い」から「ちょっと多い」ぐらいに減ってしまっているとの事。

世界のカブトガニは今後どうなるのでしょーか?





というワケで次回はよいよ最終回!田んぼのカブトガニの秘密だ!!!
いやっ!なっがいねー今回!!


----

我ながら長くなり過ぎてるって事はイタイ程よーく分かっているのですが、ここで一つ訂正があるのですよ!!

■訂正のお知らせ
ここで一つ「間違い」が見つかりましたので、潔く訂正させていただきます

こういうシリーズモノやってると必ず一度はこういう事あるんだけど、前回更新した内容に思いっきり間違いがありましたのでここで訂正させていただきます!それもとびきり致命的な訂正内容! 前回自分は「ニューヨークでカブトガニの卵を養殖に使用しているのは"ナマズの養殖" である」 と言い切ってしまってましたが、なんとやっぱり "ウナギの養殖"で間違いないらしいのですよ!!!

ぬのぉぉぉぉ・・やっぱり元々の説が正しかったのかぁ・・

ちなみにネタ元はコチラ↓
和光純薬株式会社 土谷 正和氏の報告「最新のカブトガニ事情PDF」
「最新のカブトガニ事情.pdf」 *閲覧にはAcrobatReaderが必要です

ボクの記憶は正しかった・・

ちなみにココでは「①カブトガニの卵が養殖ウナギや貝のエサとして使用されている」「②主に 輸出が目的明確に記載されている!やっぱり間違えてなかったんだ・・

どうやらニューヨークの人達は、自分ではウナギを食べないのですが、輸出用にウナギの養殖を行っているらしいのですよね。

そうとは知らずに
「ニューヨーカーウナギ食わない」+「ニューヨーカーナマズ食う」>よってカブトガニの卵はナマズのエサ!! って短絡的に考えてしまった・・

写真で説明するとこんな感じです!!


しかも更に分かった事として主な輸出先は我が国日本(japan)なのだ!!! 地球の裏側からもウナギを輸入してる日本にもビックリ だが、そんなところでもカブトガニの生態に日本が影響してしまっているという事にもビックリだ!!!

ちなみに更に別の話なのですが「養殖ロブスターのエサ」にもされているらしく!! カブトガニ、フンだりケッタリです。

------

◆つーか、ほんとぉぉぉぉぉに長くなり過ぎた今回!
◆こんなに長いの読んでくれてる人がいたら本当に感謝だ!
◆何だかマラソンやってるよーな気分

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

略して「ガニ情」 【2003/11/18】
ベラボォォォォォに長くなり過ぎてる感が強い今カブトガニ特集(略して「ガニ特」)なのですがココへ来てなななんと衝撃的な事実が更に判明してしまったのですよ! なんとカブトガニそのものは天然記念物じゃ無かったんです!!!!(事実)
くあーっ!ままままままちがいやったんか・・困る!ハッキリ言って困る!!つかこの企画そのものを根底から覆すよーな事実やないか!!!

■オレとカブトガニ
コレは自分だけの感覚なのかもしれないが、オレの中では「天然記念物」と言えば「カブトガニ」、「カブトガニ」と言えば「天然記念物」 ほとんどイコールで結ばれていた二つは、ザッツ稀少生物としてボクの中で長い間君臨していたのだ!!!!

もっとももちろんカブトガニが国から保護されているって点には変りはないのだが、ちょっと事情複雑だったのだ!!!

■つーか天然記念物の定義って知ってたか???
少なくともオレは知らなかった!!!!
まずは低脳ヤングチンパンジー達にも分かりやすく説明すると、この世の中には「文化財保護法」 ←なんて法律があり、その中の「天然記念物の指定基準」ってヤツに「天然記念物とはナンたるか?」が定められてるんだけど、そもそも天然記念物ってのは「動物」「植物」が指定される場合がほとんどなんだけど、 "その動物達がが生息しているところ" つまり「場所」が指定される場合もあるんですよ!!!

そしてカブトガニの場合は カブトガニが天然記念物に指定されているのではなくて、カブトガニが暮らす海、つまり「場所」の方が天然記念物に指定されているだけだったのです!!!!

つまりカブトガニそのものは天然記念物の指定を受けてないのだ!!
↑ココだ!ココ!ココ!!




にも関わらずやっぱりほとんどの人が(オレも含めて)勘違いしている様子!ネットでも「天然記念物のカブトガニ!!」ってドーンと書いてる人が多いのだが、さっき念のため近所の本屋で広辞苑立ち読みしたところ、

【カブトガニ】その繁殖地が天然記念物として指定

と明確に記載されていた!!!

更に文部科学省文化庁HP内にある「国指定文化財等検索システム 」という天然記念物が検索出来るHP (←コンなものもあるのです!)があるんだけど、そこで「カブトガニ」を検索したところ「カブトガニ繁殖地」という項目が一つ出てきただけだった!!!
やっぱり天然記念物に指定され保護されてるのは「カブトガニの繁殖地」であってカブトガニそのものではなかったんだ!!!

【参考URL:こちら



↑天然記念物に指定されてるのはコチラ!!


つまりこーゆう事だ!

カブトガニの繁殖地を壊すような行為は認められないが、カブトガニそのものの捕獲等は別に禁じられてない。

つまりカブトガニの繁殖地をブルドーザーとかでガーッっと壊すと法律違反だが、たまたまカブトガニに遭遇した人が甲羅をたたき割ろうが棒でいじくり回そうが法律違反ではないって事だ!!

いいのかカブトガニ!そうなんかカブトガニ!!


■そいやー天然記念物って誰がどうやって決めてるの?
いろいろ条件があるらしいのですが、最終的に決断下すのはこの人です!





厳密に言うと文部大臣が文化財保護審議会諮問し, その答申を受けて認めるかどうか判断するという事らしいです。要は文部科学省が決めてるって事だ!!

んで!

調べていくウチに「天然記念物」と言っても多少「ランク」がある事が分かってきました!!!

天然記念物といっても一つではないのだ!!!


■天然記念物その驚異のヒエラルキー
全ての天然記念物国が指定する天然記念物地方自治体が指定する天然記念物 とに分かれます!
でもって国が指定した天然記念物「文化財保護(←法律)、地方自治体に指定された天然記念物「文化財保護条例(←条例)に守られる事になります

おお!ナンか利口になった気がする!

当然ボクの個人的意見としては国に指定された天然記念物の方がナンだかエライよーな 気がします。

ちなみに我らが 「カブトガニ」地方自治体が指定する天然記念物にも選ばれてません。不憫です。

そして日本中の天然記念物をカキ集めると 軽く1000ぐらいはあります!けっこうあるんですね。

そしてその数ある天然記念物の中でも頂点に君臨するのが「特別天然記念物」通称「特天」だ!
「特別天然記念物」 は天然記念物という稀少動物の中でも、更に稀少を極めるまさに頂点中の頂点!!
「手厚く保護♥」 という恩恵をハラいっぱいに浴びる事の出来る 選ばれた ドーブツなのだ!!



ちなみにこのヌメヌメした生物(←オオサンショウウオさん)の手厚く保護っぷり はスゲくて、「特別天然記念物」として指定されている彼自身はもちろん、その生息地である「岐阜県郡上郡和良村・八幡町・大和町」「岡山県真庭郡湯原町・八束村・中和村・川上村」「大分県宇佐郡院内町」などなど、全国彼の 住んでる場所の全て「生息地域」として「天然記念物指定」されているのだ!!! さすが天然記念物の頂点!

住んでる場所の方しか天然記念物指定されてないカブトガニとはエレー違いだ

**オオサンショウウオ**
世界最大の両生類。日本だけに住む固有種。「ウオ」となってますが魚類ではなく両生類


ちなみにオレ、勝手に個人的に、

【日本の代表的な特別天然記念物】


と、上のオオサンショウウオを合わせて「特天四天王」って呼んで勝手に喜んでるんだけど、コイツらもれなく「特別天然記念物」なのね。

ちなみに「特天」という呼び名なんだけど、自分が勝手に考えたンではなくて、本当に使われている言葉です。 天然記念物関係のサイトとか見てるとバシバシ出てきます

ちなみに更にオマケなんだけど、日本で一番最初に天然記念物として認定された動物はこの方!



1921年に認定されました。その頃日本は大正時代です。ずいぶんと昔ですね。



こうして書いてみると他の豪華な天然記念物者達と比較して、住んでる「場所」としてしか天然権利が取れてない「カブトガニ」さんは、凄くかかわいそうに感じてきます


ではでは最後に少しだけカブトガニが好きになる話を二つ!

■カブトガニは「カニ」と呼ばれてますが、実はクモやサソリに近い仲間です!
まぁ、近いつっても「佐倉市出身?長嶋と同じ出身地じゃん!」←この程度の仲間にしか過ぎないと思うんだけど、とりあえずクモに近い仲間って事だけ覚えておきましょう!

■カブトガニは浅瀬では逆さまになって泳ぎます!

↓コレが証拠写真です!


さかさまになって「甲羅」の方を下に向けた方が ツルツルして動きやすいのかもしれませんね。ちなみにこの時の舵取りや方向転換「しっぽ」で行うそうです。


■あーあ!やっちゃった!


↑カブトガニ博物館マスコットキャラクター
カブニくん


------

◆次回はよいよホントにホントにカブトガニシリーズ最終回!田んぼのカブトガニの秘密だ!
◆つか、もう三時だ!ちなみにこのサイトの更新って平均すると五時間近くかかるって知ってました?

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

「ガニ情」最終回!!! 【2003/11/18】
ヒジョォォォォォ・・・に重要な事を一つ言い忘れていたのですが、 カブトガニの寿命って20年ぐらいなんですよ!!! ・・という事は1983年以降に生まれているアンたらはカブトガニより年下だ!! 敬え!カブトガニを敬え!!
・・・・・/↑注意:「敬う」は「うやまう」と読みます

■もういっこ言い忘れた非常に重要な内容
現在確認取れているカブトガニの生息数は40~50個体程度です! むっちゃくちゃギリギリです!
こう考えると明日突然絶滅しててもぜんぜん不思議ではない ←という事を意味するのだ!!
もちろん正確な数字は把握出来てないそうなのだが、やっぱ少ない事は間違いないワケだから絶対大切にしないと! みなさんカブトガニをもっともっと敬い(←「うやまう」と読む)ましょう!!!

さて!

2週間近くに渡ってお送りしてきた今「カブトガニ特集」、
略して「ガニ特」、振り返ってみれば 「たんぼの中でカブトガニを見つけました!」という一通のメールから全てが始まってしまったのですが、よいよここからが本題だ!

長かった!本当ぉぉぉぉぉに長かった!

そうなんだ!たんぼの中のカブトガニの正体はズバリ、コレなのだ!!!!


■たんぼの中のカブトガニの正体


そうです!カブトエビです!!!

海水に生息するカブトガニと違って、淡水に住む生物。ワリと世界中にいます。
こうして見ると形は確かに非常に似ているのですが、大きさがぜんぜん違います




ちなみに裏側はこんな感じです!



カブトエビはだいたい3~4cmぐらい。それに対してカブトガニはフリスビーぐらい
まるでサイズが違いますね。



カブトエビは学名:Triops longicaudatus コッチは正真正銘エビの仲間だそーで、一番近い生物は「ミジンコ」だそーで!



カブトガニはクモの仲間なのでここでもぜんぜん違う事が分かります

そしてカブトエビの学名「Triops longicaudatus」「Triops」(トリオプス)の意味なのですが、ギリシャ語で「三ツ目」を意味します。なんと目が三つあるそうです!



カブトガニとの唯一の共通点は「古代生物」という事で、こちらも相当大昔から生き延びているそうです。ちなみに目が三つある生物というのは古代生物の中ではそこまで珍しいものではないとの事。

ちなみに「古代生物」「目が三つある」「形が少しヘン」という事をフルに誇大活用し、
アメリカではこんな頭の悪そうな飼育キットも売られています。



ちなみにボクの友達中村ゲンくんは小さい頃日本でもカブトエビ飼育セットを入手してしまい、「大きくなったらカブトガニになるに違いない!」と思って必死に育てたそうですが、もちろんカブトガニにはならず、 純真な心を踏みにじられたと当時を振り返っていました

少年少女達はこういうところから大人の階段登って行くのだと思います





■まとめ
正直自分でもここまで長くなるとは思わなかった今回のシリーズなのですが、 始めた直後から非常ぉぉぉぉに多くの方から「それ、カブトエビじゃねぇ?」「カブトエビでしょ?」「カブトエビって言うんですよ!」ナドナド予想以上に多くの方からメールをいただいたりしたのですが、このカブトエビという生物が思ったより身近な生物である事が再確認出来ました。

ワシも小さい頃たんぼに囲まれて生活してたんだけど、ヒルとヤゴばっかりだったんだよね!カブトエビはいなかったなぁ・・。ちなみにヤゴは大好きだったんですが、ヒルは 痛恨でした。赤ヒルと青ヒルがいた事を思い出しました

ではでは最後に印象に残る質問を二つほど受けましたので追記致します!
本当に長くなりましたが、ここまでお付き合いいただいた全ての皆様に心より感謝致します!それではっ!


■「飼育セット」と言えば!



みなさんご存じ「シーモンキー」なのですが、もちろんカブトエビとは全く違うイキモノです!成長しても、カブトエビにもカブトガニにもなりません!ちなみに「シーモンキー」はアメリカのユタ州ソルトレイクが原産で、この「シーモンキー」という名称も「商品名」としてつけられたものだそうで!ホントの名前はブラインシュリンプ(brine shrimp)、 熱帯魚のエサとかによく使われるそうです

ユタ州といえばもちろんこの人の出身地!



「胡散臭い」という点で行くと共通点があるよーな感じもしますが・・



ちなみにシーモンキーの特徴としては乾燥させても卵が死なない上にベラボーに長生きしてくれるという点らしく、そこで玩具としての商品化を考えたようで。


■質問その②:「たんぼの中に透明で緑色なおたまじゃくしっていませんでした?」
それは恐らく「ホウネンエビ」の事だと思われます!!



エビのクセの魚のような泳ぎ方をします!ちなみにシーモンキーとは近い仲間ですが、別の生物です!


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

この馬のおもちゃなんて名前だっけ・・? 【2003/11/18】
どうやらボクは少しだけ風邪を引いているようです
ごめんなさい!本日は(も?)更新ありません!!!
http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

くせっけ 【2003/11/18】
Micro-n !! (←クリックするとページが表示されます!!)
・・というコーナーを作りました!写真コーナー!!
ムチャクチャ短時間で作ったので、ところどころ思いっきり手を抜かせていただいているのですが、気づいても気づいてないフリをするのもマナーです!
ちなみにタイトルには、あんまり(というかほとんど)意味はありません 笑


----
◆信じられない事にこれから晩飯を食べる!夜中の1:30だ!!食うよりサッサと寝たい!!
◆非常に胃に悪そうだが、食わないよりはマシ!食うでー!
◆ちなみに献立は目玉焼き。朝飯のようだ
◆ちなみにボクの朝飯の99%はウィダーインゼリーです。そろそろ死ぬと思います

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

何故か気に入って買ったぶっといゴム 【2003/11/17】
今日はネムイんで更新ありませーん!

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

ふとん干し中 【2003/11/16】
みなさん!
正義を貫いていますか?? ←全く無意味な出だしで始めてみましたHHC&ニチジョウ*管理人「さしみ」です!持病は腰痛と肩コリ。

■捻挫してたのねん。
空手でね。これはもちろん、常軌を逸するぐらいハードなトレーニングを積んで捻挫してしまったワケでもなければ、試合で壮絶な戦いを経験し、死闘の末名誉の負傷を負ったというのではなく、単に自分が蹴り方がヘタなだけだっただけなワケで!

捻挫箇所は足首。原因はサンドバッグを蹴ってて。

【正しいサンドバッグの蹴り方】
サンドバッグ蹴る時って、「当たる瞬間」にググッっとバッグ側に力をかける必要があるんですよね。

良い例

つまりポイントとしては、当たる瞬間グィッ!っとバッグ側に力をかける必要があるのだ!!!!ちなみにそれをやらずに蹴ってしまうと・・

悪い例



結果この有様。



もちろんこういうのは無意識のウチに出来てる人も多いと思うんだけど、自分は出来てなかったんだろうなぁ・・

空手の人がカワラとかバットとか折っても「足は平気」な理由は、力をちゃんと蹴る物体(打つ物体)に伝えきってるからだと思うんですよね。カワラを割る時は、カワラの方に力を伝え切れてるから、打つ方は痛くない。

だから失敗した時(力が伝え切れてない場合)は、全て力が「戻ってきてしまう」ので「痛い」と。ナンか物理でやってた「作用反作用の法則」みたいなのあったじゃない?そんなな感じで!

今回自分が一番悪かったのは、確かに非常に痛かったのだが、「ダメだ!根性だ!!」とか思ってえんえん蹴り続けていた事が原因でしたね。途中冷静になって、蹴り方を見直せばよっかったッス!失敗でしたッス!

■さっき窓を開けたら蚊に刺された!!!
まだいるんかヨ!蚊!!!

■最近ウチの電源タップ、コンセントを抜く時必ず軽く火花が散るんですヨ!
元気があるのはいいことなのだが、大丈夫なのか?コレ???






■このCMナンかムカつく




それはたぶん「美男」「美女」「金持ち」という人からねたまれる三大要素を惜しげもなく表現しているアタリにあると思うのですが、無意味にムネがムカムカしてきます。 しかも実際この世の中には本当にこういう人達がいて、金もっててイイ生活をしていて、←通常我々庶民はこういう人達に対して「鼻持ちならない性格に違いない」と勝手に推測しがちですが、実はあんがい親切でいい人だったりします。非常に手に負えません。

ちなみにこのシーンでボクの怒りは頂点に達します!


車のキーを投げ渡すシーン


ケリてぇ!すげぇテレビケリてぇ!!

このCMに対してオレから言いたい事たただ一つだ!

>いいなぁ金持ち。

いるんだよ!実際こういう浮世離れした金持ち!不況だとか言ってるヤツ多いけど、それは金持ってるヤツと貧乏なヤツの境界がハッキリしただけで、金持ちは更に無尽蔵に金持ちなんだよ!!ラーメン屋で「ライス」をつけるかどうかで真剣に悩むようなオレとは、種族からして違うよーな気がします。
「人間」という生物を「人→猿」と分類 するのならば、ボクは「猿寄り?」と自然思ってくる昨今。彼らが一晩で費やす遊び代がボクの一ヶ月分の生活費と同等なんじゃないかとまで思えてしまう。あんがいそうなんじゃないのか実際???

・・ちなみに最近このCM、「クリスマスバージョン」らしきものに変ったのですが、ナンだかより一層 「ハナにつく度合い」が高まってるよーな気がします。狙ってンのかマルイ?


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

ブンブン 【2003/10/18】
必要なのは体力だよ!!!! ↑その体力が全く無いさしみです!日常野郎です!!

■何があろうと更新すると宣言したワリには・・
書く事なんてあるワケねーじゃん!アタマの中がマッチロ!何も思い浮かびません!つか、眠いヨ!とにかく眠いヨ!

■今日の晩飯!
麻婆豆腐丼だよ!コンビニだよ!←つか自分の晩飯サイトで公開してどうするんだヨ!!!!おおお!!!!

■今日のワンポイント語学
ハァイ!ウカレ中年のみんな!今日のワンポイント語学は「ポルトガル語」 なのだ!(Portuguese)

「ボニート(bonito)」
意味は「美しい!」 おお!ポルトガル語はぜんぜんワカランがなんか美しいって感じがするぞ!なんかいろいろ応用が利きそうな気がする!ポルトガル人に会ったらとりあえず「ボニート!」美しい光景を見た時もとりあえず「ボニート!」

とりあえずコレで、イタリア語なら「プレーゴ!(どういたしまして!)」、フランス語なら「メルシー!(ありがとう!)、ドイツ語なら「ビッチ!(←意味知らん)」←コレだけあればナンかヨーロッパは渡って行けそうな気がする!!! ゆるく全網羅だ!!!

ちなみに世界一有名なイタリア語「グラッチェ(grazie)」(←意味は"ありがとう")なのですが、正確に発音すると「グらーツィエ」が正しいそうで。ポイントは「らー」とのばすアタリが重要だそうで!さあ!みんな言ってみよう!
らーツィエ!(ありがとう!)

■今日のワンポイント 隣の席の森田くんからの質問→ 「テロとゲリラとの違いって何スか?」

(正解)
対市民なのがテロ、対軍隊がゲリラ。双方「正規軍ではない軍隊」が武器を持って戦うという点では同じなのだが、誰を相手にするかによって呼び名が変ってくる

■ゲリラの歴史
大昔ナポレオンがスペインを占領した時、スペイン市民が武器を手にして抗戦、その時彼らが用いた戦術が「ゲリラ」と呼ばれた ←コレが語源。

ちなみに最近はゲリラとテロとの境界が曖昧になってるとの事。今問題になってるイラク人による米軍攻撃はテロだかゲリラだかわかんない。


■今日のワンポイント地味な職人
オレ地味な職人って大っっっ好きなのね!!!



地味な職人の最大の魅力はそのひたむきさだ!見てくれ!この真剣なまなざしを!!
将棋台の足如きにここまで情熱を注ぐ熱意。

そこにもはや言葉など要らない。

全く応用の利かない業種、そこにこそボクは男を感じるのだ!
ポイントとしては「いかに地味であるか?」←こここそがポイントだっ! そんな地味大好きなボクを持ってしても、コリャスゲェ!と思える最強の地味がここに登場した!!!




地味だ!!すんげぇ地味だ!!! 今までの「地味」が全てジョークに感じる程の地味っぷり!! ちなみに「朱肉」ってハンコをポンッって押す時の、あの「赤い台」の事ね。(←念のため)

ちなみに番組名は「杉並区の職人達」というひたすら地味に職人を紹介していくという番組なんだけど、ボクのよーなマニアにとってはもう鼻血が出そうです。

番組の最後の方で、「では早速職人の作った朱肉でハンコを押してみましょうー!!!」って事になり「いやー、やっぱり違いますねぇ・・」とつくづくレポーターが感心してたのですがどこが違うのかサッパリ分かりません。



ちなみに「手作り朱肉職人」は現在日本には一人しか存在しないとの事。この方が最後って事か・・。

がんばれ杉並の職人!シャチハタに負けるな!!


----
◆こんどビリヤード場のHPのデザインを担当する事になりました!うれしー!


http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

まぐちゃん 【2003/10/18】
スッカリ忘れていたのですが 11月分のカレンダー作ってました。宜しければご活用下さい

カレンダー11月分
↑クリックすると画像が表示されます

■気がつきゃムチャクチャ更新してなかった
12日ぶりか・・

■気がつきゃキリコが結婚してた
完全世間に取り残されてンな、オレ

そんなこんなで今日のワンポイントだ!!!!

■今日のワンポイント"隣の席の森田君の質問"
実際のところシーチキンってナンなんスか???
隣の席のモリタくんからこのような質問を受付ました。非常に素晴らしい質問ですが、ワリと明確に答えられてしまいます。正解は言うまでもなく「まぐろ」、ただ恐らく彼自身も「まぐろ」とは分かってはいるのですが、何となく腑に落ちない何か? ←を感じているのだと思われます!

そうなのだ!まぐろと言い切るにはナンか納得出来ないのだ!!!!

【まぐろと思えないこれだけの理由】
だって安過ぎる!!! まぐろだぜまぐろ!!!!!最近多少安くなったと言っても天下に轟く高級魚!!!まぐろ一匹100万の世界だ!!!!!
しかもマグロのクセにそんなに美味く無い!!! 正直別の魚でもぜんぜん構わないぐらいに、素材本来の味をまるで残していないテイストじゃないか!!

まぐろに失礼だ!

オレには油の味しかしない・・

まぐろという高級魚をわざわざギトギトの油につけて、ペットフード以下の金額で売るという現実。不自然極まりない。

【シーチキンと私】
つまり言いたい事としては「絶対まぐろでは無さそう」という事だ!!!!小学生の頃からそう思ってた!!! だってそうじゃないか?? サケは「サケ缶」、カニは「カニ缶」、ナンでオマエだけ「シーチキン」なんだ???

あえてマグロ缶と呼ばれてない現実
何か原材料的なウラがあるのではないか?

ちなみにぜんぜんどうでもアレですが、ボクは「シーチキン」を見るたびに心の中で「シーチ菌」と呼んでひとりほくそ笑んでいます。けっこう楽しいです



【そろそろ答えを言います】

そんな疑問を抱いてから数十年、突然答えは降って沸いて来ました。

旬ではないまぐろを使用した缶詰

コレがシーチキンの正体です。

テレビの「マグロ養殖特集」 見てたらたまたまやってたんですよね。
実は魚ってのは旬がもの凄く大切で、旬の時期ではない魚なんて食えたモンじゃないらしく、まぐろの場合なんて旬を逃すと油分が少なくてぜんぜん美味くないらしい



その「旬ではないまぐろ」に、「足りない油分」を足したのが、「ツナ缶(つまりシーチキン)」だそうで。もちろん「旬ではないまぐろ」なので値段もそんなに高くない。よって安い。

そして恐らく、旬を逃したマグロに対して「マグロ缶」と名乗るのには「引け目」を感じたのではないだろーか?そこで遠慮して「ツナ缶」とか「シーチキン」とか・・。美しい日本の美学だ!

ちなみにこの話を知ったのは今年の夏ぐらい。その時ボクは非常に晴れ晴れとした気分で、いつか誰かに言おう!きっと誰かに言おう!・・と思ったいたのですが、今回彼に言ったら「あ、そうなんスか。」のひと言で終わってしまいました。

どーやら彼はボク程、シーチキンに対して深い疑問は感じていなかったようデスネ!あっはっはっはっ!

----
◆はっはっはっ、何かメチャクチャな文章だね、今回 笑
◆ビリヤード場のHPデザイン、とりあえずヤマは超えました!ゲンさん本当にありがとう!!

http://nitijyo.sakura.ne.jp/diary/mindfulness/mindfulness.html

TOPに戻る